なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

星と流星

中秋の名月の現代人の過ごし方。2016年の15夜は満月か?

お月様が美しい、中秋の名月。2016年は9月15日に見ることが出来ます。

少しづつ夏の気配が薄れてはいて、特に夜になると徐々に秋の気配を感じるようになりました。

この記事では、そんな中秋の名月の夜にどう過ごすかなどを書いていきます。

スポンサーリンク
 

今年の中秋の名月。15夜の月

今年の中秋の名月、15夜はいつ?満月?

中秋の名月は、旧暦8月15日の夜の月のことですね。この日の夜を15夜といい、この日のお月様を中秋の名月として、古来より親しまれていました。

中秋とは旧暦の8月のことで

  • 1月から3月
  • 4月から6月
  • 7月から9月
  • 10月から12月

旧暦ではこのようになっていて、秋の真ん中の8月のその真中の15日が秋の中の秋、中秋と呼ばれ、その夜の月が中秋の名月になります。

昔のカレンダーはお月様を中心に考えられていましたので、旧暦の15日はだいたい「満月」に近くなります。

ただ、中秋の名月が満月になることは珍しく、私が調べたところ、2030年までは確実に満月の日は有りませんでした。ちょっと残念な気もしますが、明々と照らしてくれるお月様はとても綺麗で、そんなことは忘れさせてくれます。

スポンサーリンク
 

中秋の名月の過ごし方

現代を生きる人の中秋の名月の過ごし方

昔の人の過ごし方

昔は、農作物の収穫の時期にあたり、農繁期でしたが、十五夜を迎えるこの日は、とれたての農作物をお月様にお供えして、ゆっくりと過ごされていたそうです。

お団子をつくり、縁側でみなで楽しまれたことと思います。

だいたいこういうイベントというのは宮中や大きなお屋敷を持つところで伝えられていた行事と思われますが、日本の一部地域では十五夜のお月様を愛でる風習があったようです。

現在の私達の過ごし方

ずっと昔の日本は農業がメインでしたし、旧暦を使っていたということもあり、中秋の名月が生活の中にあったのだと思いますが、今の私達の殆どは会社員として過ごしていますので、十五夜の月、中秋の名月といえども平日でお仕事ですね…:;(∩´﹏`∩);:

というわけで、現代を生きる私達の十五夜の夜の過ごし方を考えてみました。

コンビニで団子を買って食べる
忙しい私たちは団子を作る暇が無い。というわけでコンビニでみたらし団子を買って食べましょう。餡が付いたものもあります。120円の丸いメロンパンでもいいかもしれません。

居酒屋で秋ぽいものを食べる
会社帰りに居酒屋に寄ったら、秋っぽいものを注文するのもいいですね。ちょっと早いですが、おでんがあれば最高です。卵を半分に割ると出汁がたっぷり含まれたお月様が顔を出してくれます。また、大根も丸くてお月様みたいですね。黄色い辛子を付けて食べて下さい!

月餅を食べる
中国でも十五夜を楽しまれているらしく、月餅を贈り合う風習があるそうです。月餅はその名の通り満月のお月様の形をしていますのでこの日に食べると幸せになれるかもしれません。もう何年も食べられていない方も多いと思いますので、是非。

スマホで月を撮影してsnsにアップ
だんだん現実的で手軽になってきましたが、まさに今っぽい感じましますね。スマホで月を綺麗に撮影するのは結構難しいですが、そんなことは気にせずに、この日の思い出を、離れたところに住む「友達」と共有するのも良いかもしれないですね。

彼氏彼女と過ごす
ご自由に....

子どもたちや家族と過ごす
お子様がいらっしゃるご家庭では、子どもたちと夜空を見上げながらお話をするのが楽しいです。お月様には餅をつくウサギがいることを教えてあげて下さいね。

まとめ

毎日、何故か忙しくお過ごしの方も多いかと思います。そんな忙しい中でも、ちょっとだけ涼しくなった夜に浮かぶお月様を見上げるのもいいものです。

お団子を食べながら見上げてみてください!

 

 

スポンサーリンク

-星と流星