なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

雑記&ニュース

緊急地震速報の誤報2016年8月1日と影響を受けられた方々

2016/09/02

2016年8月1日の17:09に緊急地震速報の誤報が地震速報のアプリでで発信されました。

もちろん、これが誤報であって実際には地震は起こらなかったのでよかったのですが、このことにより影響を受けられた方も多くいらしたようです。

 

スポンサーリンク
 

NHKニュース「気象庁 緊急地震速報のデータを取り消し」

すぐに(15秒後)取り消された速報

1日夕方、気象庁が特定の事業者に向けて出している緊急地震速報のデータで、一時、東京湾で大きな地震が起きる可能性があるというデータが流れましたが、その後、すぐに取り消されました

揺れは起こらず、緊急地震速報は誤報でした。

この報道によると、特定の事業者へ向けたデータということですが、緊急地震速報を受信するアプリでも受信されていました。

今回は誤報でよかったのですが、こういった命にかかわるようなデータを特定の事業者のみに配信ということが行われているのですね。なお、丁度NHKを見ていたのですが、あの画面は出ませんでした。NHKをはじめ、テレビやラジオでは緊急地震速報が流れなかったようです。

鉄道会社などに向けた速報データだったのでしょうか?

それとも、アプリでデータを受けた鉄道会社の社員の方が電車を停止するように指示されたのでしょうか。もしそうであれば、アプリを提供している会社へのデータ送信だったとも考えられますね。

どのような速報の内容だったか

緊急地震速報を受け取ることが出来るアプリでは日本中が大地震に見舞われるというものでした。本当に、誤報で良かったです。

気象庁では現在、このようなデータが流れた原因を調べられているようです(8月1日18:00)

 

スポンサーリンク
 

緊急地震速報の「キャンセル報」について

緊急地震速報が出される時、気象庁では
1.地震の可能性がある
2.地震の可能性はない
この2つの情報が発信されているようです。

緊急地震速報(予報)がまずでて、本当に地震であれば緊急地震速報(警報)ということになっているようです。

 

今回の誤報についてツイッターで緊急地震速報をツイートしているbotの説明によると

jisincancell

気象庁のサイト2016年8月1日の速報の詳細(時刻部分だけ切り取っています)なのですが、第一報がでてから15秒後にキャンセル報が出ているということが解ります。

キャンセル報は地震の可能性があると解って、実際には地震ではなく落雷などの揺れだった場合に出されるものだそうです。

この15秒をどうみるかはそれぞれ意見が別れると思いますが、誤報だとはいえ、気象庁が出したデータを速報として伝えてくれたアプリは良かったんじゃないかと考えています。

 

緊急地震速報の誤報の影響を受けた方々

先日公開されたシンゴジラ 鬼気迫る映像のなかに緊急地震速報のあの音 そりゃ心臓が止まる思いですよね。

誤報でよかったですし、そんな演出要りません!

 

確かに、定時直前もしくはかる準備をされておられた方もいらっしゃったでしょう。

この方は、誤報の影響でご帰宅が遅くなりそうです><

 

まさに超実践的な訓練と捉えるしかない状況ですね。

このような緊急時にはきちんと作動するということが解ったともいえます。

 

本当の地震は起こりませんように

私は、この4月に10回以上の緊急地震速報を受信したエリア(熊本)に住んでいます。車中泊を余儀なくされましたし、大きな影響を受けてしまいました。

今回、東京を中心としたエリアでの地震速報があり、影響を受けられてしまいましたが、これが本当に大きな地震でなくホッとされているところだと思います。

気象庁には今回の原因を突き止め、二度と誤報を流さないようにして欲しいですし、より信頼性の高い情報としてくれることを願っています。

 

スポンサーリンク

-雑記&ニュース