なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

とらべる

「会津の三泣き」と「大分の二度泣き」

2016/09/02

「会津の三泣き」、「大分の二度泣き」

という言葉を聞かれた方も多いかと思います。

私は、大分の二度きは知っていたのですが
会津の三泣きというのもあるのですね。

この2つの「泣き」についてしらべました。

 

スポンサーリンク
 

会津と大分に共通すること

会津の三泣き・大分の二度泣き

 

会津と大分

どちらにも「○泣き」という言葉がありますが
この2つの地域に共通することは何でしょうか?

そう、お気付きの通り
都会に比べてとても田舎だという印象があります。

都会の生活をしてきた人が
自分の意志とは関係なく
会津や大分に行って来いといわれる。

だいたい会社の命令による赴任ですが
そんな時に最初の泣きという感情が人を襲います。

 

スポンサーリンク
 

会津の三泣き

会津の三泣きとは

・一泣き
初めて会津に赴任した人が襲われるひと泣き。
「よそ者に対する」会津人のとっつきにくさが要因となる。

・二泣き
しばらく会津で働き生活に慣れてくると
会津の人たちの温かい優しさに嬉しくなって泣く

・三泣き
合図を離れなくてはいけなくなった時に
会津の人たちの情の深さがに心を打たれ
離れ辛くなり泣く

なるほど、凄く解ります。
私は九州の者ですが、東北に行った時に人の暖かさにふれて離れづらくなったことが有ります。泣きはしませんでしたが、何度か通っていたりします…。

良い場所とは、人の暖かさに触れた場所

と言えると思います。

会津の三泣きの映像作品

「よそ者を突き放すような態度」
会津には人見知りが多いということが言われる。

本当にそうなのかは
行った先のコミュティ環境によると思いますが
これまで沢山の方が会津に行かれたと思いますので
本当にそうなのでしょう…。

だけど、しばらくすると

本当に人懐っこいというか
その距離感が凄く嬉しくなります。

 

大分の二度泣き

大分の二度泣き

大分県には「二度泣き」と言う言葉が有ります。

・一泣き
大分を知らない人が
大分への転勤を言い渡された時
あんな田舎に行くのかと感じて泣き

・二泣き
大分から他の場所に移るよう言い渡された時
大分の人の情や、大分の食べ物、歴史、自然の素晴らしさ
そして別府限定となりますが
「温泉に毎日気軽に入ることが出来る」環境から
「ここを離れたくない」と思い泣く

ということで言われています。

別府の温泉環境は本当に素晴らしく
100円で入れるところが数多く有ります。

 

全国各地にある三度泣き

会津の三泣き

会津と大分を紹介しましたが、全国各地…というより、全国の地方都市には結構この言葉があるようです。例えば「札幌の三度泣き」もそうですし「岡山の三度泣き」という言葉もあるようです。また、釧路や盛岡にも有ります。

このことを思うと、

「日本の田舎は素晴らしい」

といえると思います。

私は実際に「三度泣き」が言われている地域に住んだことがあるのですが、どこもいい場所だったという印象があり、それはそこに住んでいる人たちに何かしら救われたからだと思います。

つまり、人とのふれあいの中で生まれる感情なのですね。

 

スポンサーリンク

-とらべる