なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

サイト運営

プラグインを使わずにアドセンスを好きな場所に貼るショートコードの書き方

アドセンスを好きな場所に貼るという記事でWordPressのプラグイン「AdSenseManager」を紹介されている記事を多く見かけます。

確かに便利ですし手軽ではあるのですが、pluginはワードプレスの動作を遅くしたり、また、エラーを起こす一因となりかねませんのでおすすめはしません。

というわけで、この記事では、AdSenseManagerを使わずに、同じ動作をさせるにはどうしたら良いかを書いていきます。プラグインを出来るだけ少なくして、ワードプレスのサイトを僅かでも高速に運用されたい方におすすめです。

スポンサーリンク
 

AdSenseManagerの動作を知る

AdSenseManagerがどういったプラグインなのかというと、要は「ショートコードを生成する」プラグインだということが分かります。

ワードプレスではショートコードを記事に記載すると、設定した内容がそこに表示されるようになりますが、AdSenseManagerにおいても全く同じで、プラグインに設定した内容が記事内のショートコードを書いた部分に掲載されます。

私が試したところ、AdSenseManagerで発行されたショートコードは、プラグインを削除したあとにfunction.phpで設定したショートコードがそのまま使えました。

つまり、プラグインがなくともショートコードが流用できますので、記事をわざわざ書き換えること無くAdSenseManagerを削除することが出来ます

当然といえば当然なのですが、念の為に試した次第です。

スポンサーリンク
 

プラグインを使わずに好きな場所にAdSenseを貼る方法

上に書きましたように、要はショートコードをプラグインを使わずに発行してあげればいいわけですので、function.phpにショートコードを設定すればokです。

なお、以下に書くことを試された結果、どのようなことが起ころうとも当方は全ての責任を負いません。自己責任でお願いします。全体のバックアップを取るなど、充分に下準備をしてから適用してください。

function.phpに追記する前の準備

今回にかぎらずfunction.phpに何かを記入する際は必ずバックアップを取り、不具合が起こった際には間髪をいれずに復元できるようにしておくことが大切です。

想定される不具合として「ブログやwebサイトが真っ白になり表示されない」ことがあげられます。つまり閲覧者が見ようとしても画面が真っ白に表示されるだけになってしまいます。

もうひとつは上と同時に起こるのですが「管理画面が真っ白になり、何も訂正できない」ことが有ります。「芸能人は歯が命」なんていうフレーズが有りましたが、ワードプレスにおいては、芸能人にとっての歯以上に大切になるのが「function.php」の内容です。なにせ、間違ったことを書くと本当に何も出来ない状態になります。

 

というわけで、function.phpを触る前に行うのは、現在のfunction.phpをバックアップして、不具合が起こった時にはFTPクライアント(ソフト)やサーバーのファイルマネージャーで「クリック1回程度」で元に戻せる環境を作っておくことです。

これが出来ないならば、function.phpに対して最初から何もしないのが唯一の策かと考えます。その際には、このページのタブを閉じられてください:;(∩´﹏`∩);:

function.phpに追記する

下準備が終わったら、function.phpに追記していきます。書く場所は、現在のfunction.phpの一番下です。

「ここにアドセンスのコードをコピペする」を消して、ここに、アドセンスのコードをコピペしてください。

function.phpに追記が終わったら保存します。何も不具合が起こっていなければ大丈夫ですが、保存した途端、画面が真っ白になったり、サイトを確認したら真っ白だった場合、バックアップしておいたfunction.phpをftpなどで上書きしてください。

そのあと、追記したものに間違いがないかを、当サイトや他のサイトを参考にして書き換えてください。

上のコードの場合、ショートコードは[ad01]になり、これをアドセンスを貼りたい場所に記入します。

もし、AdSenseManagerと同じショートコードにしたいのであれば、ad01のところを、AdSenseManagerで使用していたショートコードに書き換えてください。AdSenseManagerのショートコードは[ad#○○○]だった気がします。

ショートコードを記事に貼る

function.pjpに不具合がなければ、ショートコードを記事に貼ります。これはAdSenseManagerを使った場合でも同じですね。貼り付けたあとは、広告が表示されているかを確認されてください。

また、AdSenseManagerとおなじショートコードを使われた場合は、AdSenseManagerを停止してもアドセンスが表示されていることを確認されてから、プラグインの削除を行ってください。

とは言っても、アドセンスは3つまでじゃないか…

と思われている方へ...

アドセンスの広告を貼る行為は1円でもお金を頂いている限りビジネスです。ところが、グーグルアドセンスでは(たぶん)規約を変更したという通知はしてくれません。たまには規約を読み返すことはとても大切なことですね。

とはいえ、広告の枚数をサイト運営者に任せられたわけですので、その責任は大きくなったと思います。たとえば、内容は薄いのに広告をこれまでどおり3枚貼ってしまうとポリシー違反になる可能性もあるかもしれません。

記事はあくまでユーザーのためですので、それをわきまえてサイト運営をしなくてはいけませんね。

スポンサーリンク

-サイト運営