なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

iPhone・PC・カメラ

arrows M03に期待!防水ワンセグおサイフケータイ等の日本仕様満載!カメラもパワーアップ?

2016/07/04

arrows M03のことについてまとめました。

先日、格安simへの変更を検討している時に、arrows M03が発表されました。8月下旬から発売されるそうですのでARROWS M02の後継機種となるARROWS M03はどのような機種なのかをまとめました。

 

スポンサーリンク
 

arrows M03はどんな機種?

arrows M03は富士通から2016年7月(8月?)に発売されるsimフリーのスマホです。simフリーというと一般的にドコモ網のスマホが多いのですが、この機種では対応バンドが多く、au網を使用するsimも使用することが出来ます。

価格は税込みで3万円前半。前機種からのスペックアップは大幅というわけではありませんが、着実な進化といえると思います。具体的にはバッテリーの増強やカメラ性能のアップです。もちろんOSは最新のAndroid6.0になります。また、嬉しい人には嬉しいワンセグ、おサイフケータイや防水も付いています。

日本の会社らしい日本仕様simフリースマホの代表みたいな機種ですね。

 

スポンサーリンク
 

arrows M03についてarrows M02との比較

SIMフリーのスマホは沢山発売されていますが、日本のメーカーが作られ販売されているものとなると僅かしかありません。もちろん海外のものでも性能は良いしむしろ魅力的なものが多いです。ですが..私はあえて日本製を選びたい!と考えています。

というわけでちょうどいいタイミングで発売される 「arrows M03」のスペックと旧製品「arrows M02」を比較しました。なお、AQUOSは5万円台で少々高いのでスルーです。

 

スペックの比較

黄色バックの文字は良くなった点です。

  ARROWS M03 ARROWS M02
OS Android 6.0 Marshmalllow Android 5.1 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 410
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm Snapdragon410
クアッドコア 1.2GHz
メモリ RAM/ROM 2GB/16GB 2GB/16GB
ディスプレイ 約5.0インチ IPS液晶
ゴリラガラス3
HD(1280x720)
約5.0インチ 有機EL
ゴリラガラス3
HD (1280×720)
カメラ 背面1310万画素(CMOS)
フロント500万画素(CMOS)
背面810万画素
フロント240万画素
バッテリー 2580mAh 2330mAh
各種時間 連続通話時間
LTE 770分(予定)
充電150分(予定)
連続通話時間
LTE 700分
充電140分
対応 SIMサイズ nano SIM nano SIM
対応 SDカード microSD/microSDHC/microSDXC
最大200GB
microSD/microSDHC
最大32GB
加速度・ジャイロセンサー  ○
防水・防塵  防水 IPX5/8
 防塵 IP6X
防水 IP5/8
防塵 IP6X
おサイフケータイ(FeliCa)  ○  ○
GPS  ○  ○
NFC  ○  ○ 
Wi-Fi  IEEE802.11 a/b/g/n IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth  Bluetooth 4.1  Bluetooth 4.1
ワンセグ ○(アンテナ内蔵)  ×
テザリング  ○
赤外線通信 × ×
カラー ブラック、ホワイト、ピンク  
対応バンド LTE 1/3/8/19/26
3G 1/5/6/8/19
GSM
850MHz 900MHz 1800MHz 1900MHz
 
サイズと重さ 144mm×72×7.8
141g
141mm×68.9×8.9
149g

 

最大の特徴はディスプレイの変更だと思います。スマホで一番見るのはディスプレイなのですが、有機ELからIPS液晶になっています。解像度がHDとはいえ1280x720ですので、前機種のARROWS M02とさほど変わりはないと思われますが気になるところです。こればかりは写真やYouTubeでの動画では全く分からず、自分で実際に見てみるしかありませんね。

 

バッテリー増強はこの3万円という価格帯の他の機種と同等といえると思います。海外のスマホを見ると軒並み3000mAhですので、この2580mAhは若干少ないのです省エネ機能が充実しているとのことですので数字ほどの差は無いでしょう。

ワンセグも搭載されましたが、地震などの災害時には有効かもしれません。ただ、最近のスマホはヘッドホンを挿せばラジオ受信も出来ますし、NHKのらじる★らじるやラジコなどの無料ラジオ配信サービスもあります。渋滞時などにテレビをどうしても見たい方には必須かもしれませんね。

 

もう一つ大切なのはカメラのスペックです。ARROWS M03ではソニーのカメラセンサーを使っています。ソニーのセンサーはコンデジにおいても評判がよく、スマホの極小センサーでも他の機種に比べて期待が持てます。また前機種では800万画素程度しか無く随分見劣りしていましたが1300万画素になりトリミングしてもようやく見れる程度にはなったのではないかと思います。

ただし、全てのスマホに言えることなのですが、いくら高いスペックを誇るスマホカメラであっても、その画質の良さはあくまでもスマホで見た場合だと考えたほうがいいです。パソコンのディスプレイでコンデジなどで撮影した写真と見比べると格段の差があります。

 

防水も大切な機能のひとつです。arrows M03ではusb端子の部分にカバーを付けないキャップレス防水としています。あのキャップは普段充電するときに開け閉めしなければならず結構邪魔なんですよね。キャップがなくなるだけで随分とストレスは減るものです。それでいて防水になっていますので、この部分はとても嬉しいひとが多いと思いますし。私も大歓迎です。

その他に、おサイフケータイもあります。私が持っている機種で対応していませんでしたのでもう随分と使っていませんが、おサイフケータイは意外と便利ですよね。

 

arrows M03の映像

この映像を見る限り、スクロールはスムーズですし、入力や表示も引っかかりがなく問題ないように思われます。

この文字入力ですが、漢字変換にはのATOK「Super ATOK ULTIAS」が採用されています。さすが日本製という感じでしょうか。別製品ですがこちらも映像がありました。

 

いかがでしょうね?この映像ではよくわかりません。

スマホの日本語変換でイライラするのが「必要な漢字が出ない」ということです。これがATOKの採用によって解消されていれば良いのですが。期待しています。

 

ドコモ・auの通信網に対応する機種で格安simが使いやすい

上記比較表の対応バンドを見ると、日本の大手キャリアが採用しているバンドでarrows M03が使えることが分かります。

どういうことかというと、ドコモ網の格安simや、au網を採用しているUQ mobileやマイネオでも使うことが出来るということです。

実際、ドコモ網を使う楽天モバイルやマイネオ、au網のUQ mobileやマイネオで発売が発表されています。

 

メーカーが公式に発表している取り扱いMVNO(格安sim)会社

以下の各社で販売されるようです。

  • IIJ
  • mineo
  • スマモバ
  • Smart Labo
  • 社DMM.com
  • NifMo
  • BIGLOBEスマホ
  • UQ mobile
  • 楽天株式会社

この他にも、家電量販店やネット通販各社で発売されるでしょうね。

私はMNPを利用していづれかの安いsimで使用予定なのですが、まだどこを使うか決めていません。本命はマイネオですが、本機種はUQmobileでの発売が一番早いっぽいのです。他の会社も良いですし、迷いますね。

arrows M03 sim

MVNO会社のarrows M03の発売について

各NVNO会社さんのサイトをみて、arrows M03に言及されている箇所を見てみます。

 

マイネオ(mineo)公式サイト

価格については7月下旬に決定する予定をしており、おトクに端末をご購入いただける先行申込キャンペーンも実施いたします。

価格発表が7月下旬で販売は8月下旬からとのことです。

先行申し込みでおトクに…おそらく少し安い価格で販売される可能性がありますね。

UQモバイル公式サイト

UQ mobileの新ラインアップとして、SIMフリースマートフォン「arrows M03」(製造:富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社)を追加し、2016年7月下旬より、UQ mobileオンラインショップ等で販売を開始します。

こちらはUQモバイルですが、7月下旬より販売開始とされています。一番早いのではないでしょうか?

音声通話割引がついていますので移行しやすいと思います。

NifMo公式サイトとtwitterキャンペーン

先行予約受付中!発送は7月下旬以降となります。
※MNPでのお申し込みをご希望のお客様は、7月下旬以降の受付開始となります。

新規の場合は現在先行受け付け中で7月下旬以降の発送、MNPの場合は7月下旬以降の受付けのようです。新規の場合、ドコモ網の中では早いほうだと思います。

また、NifMoニフモではツイッターキャンペーンを行われています。2016年7月12日までです。

 

関連リンク NifMo公式サイト

DMMモバイル

DMMからの資料は見当たりませんが、メーカーからは発表がありましたので近いうちに掲載されると思います。

DMMのsimは結構安いので普段は室内でwifiを使われる方はこちらも良さげです。

関連リンク DMM mobile

楽天モバイル

すでに予約受付中で7月下旬より発送予定です。

楽天ですので、楽天市場で通販をされている方でしたらポイント等でお得かと思います。私も候補のひとつです。

関連リンク 【楽天モバイル】

 

 

私はどうしよう...

私はこれまでFREETELのpriori2(3g)を使っていましたので、何を買ってもスペックアップとなりますし、3万円前後で買えるarrows M03にちょっとだけ期待しています。

あとはどこの通信会社さんを使うか迷っています…。やっぱり早く手にしたいんですよね。

購入しましたら、レビューしたいと思います。

 

到着したらレビューします!

私はmineoで使用するということもあり、手にするのはまだ先になりそうですが、到着次第レビューします。

また、マイネオと鶏野するにあたりわからないことがいくつか有りますのでそちらも解決していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

-iPhone・PC・カメラ