なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

生活

防災袋は置き場所に注意!熊本地震の体験でわかったこと

2016/09/05

防災袋は準備されていますか?

私は2016年4月14日と16日の熊本地震で実際に持ち出し、(残念ながら)その大切さを実感してしまいました。

この記事では、防災袋が役になった話と、どこに置いたほうが良いかを体験を元に書いていきます。

スポンサーリンク
 

熊本地震で役に立った防災袋と防災グッズ

私は普段使わないリュックで防災袋を作って玄関と窓際に置いていましたので、2016年4月14日に避難する時にスムーズに移動できました。手に持つタイプではなくリュック型にしておいて良かったです。片手でもふさがると、夜の避難でのとっさの危険を防ぐことが出来なかったと思います。

実際に使った防災グッズ
食料/水(500ml2本)/ラジオ/(ヘッド)ライト/乾電池/タオル/手ぬぐい/ビニール袋/薄いスリッパなど

 

本当に最低限ですが、これらにプラスして自分が必要と思うものを入れておけばいいかと思います。避難所では少し遅れますが食料も水も来ますので、早く避難所に行くことを優先してください。防災袋は支援が来るまでの間を最低限補うものと考えられた方がいいですね。

余談ですが、地区に自主避難所を作った場合、無理せずに動けるのであれば、出来れば自分たちで大きな避難所や支援物資集積所にいって調達しないと、行政も混乱していますので対応は期待できません。

スポンサーリンク
 

防災袋の置き場所はどこが良いか

置く場所はいろいろと意見が別れるところですが、私が逃げた時の経験から書いていきます。

おすすめできる置き場所

1.玄関
特にマンション・アパートにお住まいの方は玄関に置いておくのがベストですね。逃げる時にパット目に入ってサッと持てる場所が良いです。バッグのデザイン等に気を使って玄関に置いても問題ないものが良いかと思います。

2.近くの外への出口
お庭があったりして外へ出ることが出来る場所がある場合は、その窓際に置いておくのも考えられてください。私の場合は、窓の横に台を置いていますのでその下に防災袋を置いています。6月14日、1回目の地震の時にはここの防災袋を持ち出しました。

地震の時に玄関の近くにいれば良いのですが、もっと近くに出口があればそこから出ますので、いつもいる場所の近くの出口に置いておかれるのも良いかと思います。

3.外の物置
外に物置がある場合は、玄関と合わせてこちらにも置いておかれることをおすすめします。屋外ですので盗難の危険も考えると、本当に最低限のものでもあればとても助かると思います。

4.車の中
車をお持ちであれば車の中にも入れておいた方が安心できます。ただ、車内には室温が高くなる場合があるので食料関係は置かないほうが良いです。

私の避難

1回目の地震のあとに窓際の防災袋をもって避難しました。そのあと一度、家に帰り車中泊の準備をして車で自主避難所に行きました。

幸いなことに家への被害は限定的だったために、わりと余裕が持てましたが、本当に緊急の場合はすぐ手に持てる場所に置いたほうが良いと感じました。

押入れ・クローゼットはNG

本当に緊急時のことを考えると、押し入れの中やクローゼットの中に置くのはおすすめしません。

玄関の場合は仕方ない場合もあると思いますが、できるだけ取り出しやすいようにされたほうがいいですね。

緊急時に使うものだから

普段過ごしていると、まさか自分に災害が襲ってくるなんて思いもよりませんし、私もそうでした。避難している時には「まさか…」という言葉をよく聞いたくらいです。

とはいえ、いくら言葉を尽くして説明されても、実際に体験しないとその怖さや不便さが解らないことも体験して知っています。

ですが、防災袋を準備することは日常の中でも出来ることですので、ぜひ準備はされておかれてくださいね。

スポンサーリンク

-生活