なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

ディズニー

ディズニーへは夜行バスが安くておすすめ!駐車場直行やパスポート付きも!

ディズニーランドに行きたい!

東京から離れたところに住む私などがそう考えた時、一番迷うのが「どうやって行こう」ということです。

ディズニーランドでおもいっきり遊ぶにはそれなりのお金はかかりますが、そこは使うとしても、交通費は抑えたいものです。また、何度も行きたい場合も交通費が悩みのタネになってしまいますね。

そういう時におすすめなのが、各バスツアー会社が運行しているディズニー夜行バスです!

 

スポンサーリンク
 

ディズニー夜行バスのメリット

夜行バスのメリットはいくつかあります。

・交通費が格段に安いしホテル代節約もできる
一番のメリットは交通費ですね。新幹線は早いし楽ですけど、意外に高く付きますし、開園から入ろうとすると前の日から近くのホテルに宿泊することになるかもしれません。そんな時に夜行バスを使うと交通費と宿泊代を安く済ませることが出来ます。

・時間を有効に使える
ディズニーランドに朝に到着しますので、開園からしっかりと遊ぶことが出来ます!

・パスポート付きの夜行バスもある!
ディズニーランドに入園するにはもちろんチケットが必要ですが、ご自分で用意するのはいろいろと調べないといけないので結構大変だったりします。ディズニー夜行バスでしたら、パスポートも同時に購入できますので、売り場に並んだりする必要がありません。

夜行バスのメリットはこの3つで、とくにその安さは魅力で、何度も行きたいと思うと交通費を抑えることは大切ですので、私はディズニー目的で行くなら夜行バスをおすすめします!

 

スポンサーリンク
 

大阪・名古屋からディズニーへ行く夜行バス

ディズニー 夜行バス

サンシャインツアー「大阪→東京」はちょっと訳ありだけど安い

何が「訳あり」なのかというと、この夜行バスはTDLのパスポートが付いているにもかかわらず「大阪→東京」なのです。そう、ディズニーランド直行ではなく新宿に向かうバスになります。

新宿からはディズニーへ直行バスがありますし、JRでも行くことが出来ます。便利なのは便利なのですが、やっぱりちょっと訳あり感がありますね。だけど、その分、安いのです。夜行バスで旅費を節約した分、ディズニーランドで遊べます!

荷物は、コインロッカーや都内のホテルに預ければ問題無いですね。

 

サンシャインツアーの「名古屋→東京」はディズニーランド駐車場へ向かうバス

名古屋や三重からは「ディズニーランドの駐車場行きになります!余計な移動がありませんので、非常に便利ですね。もちろん1Dayパスポートも付きますし、バスでもブランケット貸出があります。

名古屋からディズニーランドに費用を抑えて行く場合は、夜行バスが一番のおすすめになります。

関連リンク サンシャインツアー関西・名古屋からディズニー夜行バス

 

必須の「夜行バスグッズ!」ディズニーでしっかり遊ぶために

夜行バスというと、ずっと同じ姿勢でいなくてはいけないこともあり意外と疲れます。そして、そんな疲れた体ではディズニーを目一杯楽しむことは出来ませんね。そこで大切なのが、夜行バス車内での過ごし方です。

過ごし方と言っても度々立ち上がったりと頬当のお客さんのご迷惑になるのは絶対いけませんので、夜行バスでできるだけ疲れないようにするグッズを紹介します。

 

ふくらませる首当て(ネックピロー)

どういうわけなのか、バスのヘッドレストって少し前に出ているんですよね。座ってしっかり背中を当てて休もうとしても、ヘッドレストのせいで頭がぐっと前に出てしまいバスもまだまだ多いのが現状です。

そこで必要なのが100均でも売っているビニール製の膨らませて使える首当てです。首の部分をこれで支えることによって、必要以上に頭が前に出ることを防ぐことが出来ます。

これはバスだけではなく、普通の車でも同じようなグッズが売ってありますので、日本で作られる車一般の問題なのかもしれません。

 

ふくらませる腰当て

バスの座席はどういうわけか腰が沈み込みすぎる傾向にあると感じます。以前よりも随分と改善はできてきているとは思いますが、腰がぐっと奥に入りすぎて、背中と足が90度になりすぎるのです。

家で使う高級な椅子では「ランバーサポート」というものがありより楽に長時間座れるようにしてあるのですが、バスではこういったものがありませんので自分で用意する必要があります。

腰当ても100均で売ってあることがありますので用意されるといいです。

首あても、腰あても、タオルで代用することが出来ますが、気持ちいい大きさにするには意外と量が必要で嵩張りますので、どちらか一方を専用のものにして荷物を少なくするといいです。出かける前に試してみた方がいいですね。

 

ブランケット-バスタオル

男性でしたら気にならない方も多いのですが、女性にはブランケットは必要です。用意されているバスもあるのですが、用意されていない時もありますのでブランケットは大きすぎるとしても、薄手のバスタオルを持っていかれると良いと思います。一枚掛けておくだけで、エアコンの冷風を防げたり周り目も遮ることが出来ますので、必ず持って行きましょう。

でも、、、嵩張るんですよね。悩みどころです。

 

耳栓・目隠し

寝たいねたいと思っていても周りの物音が結構気になってなかなか寝付けないのが一番の悩みとなることがあります。中にはコソコソとお喋りをされる方もいたりして、余計に眠れませんね。また、隣の人がDSとかスマホを使っていたりすると目をつむっていてもなんとなく光が気になって休まりません。

そこで、耳栓と目隠しをおすすめします。

でも、この2つは慣れないとこっちの方で気になってしまう場合もあるので難しいんですよね...目隠しはハンカチやタオルでも代用できますので、持って行かなくてもいいかもしれないです。

 

音楽を聞く時は必ず音漏れがしないイヤホンを

前項で、音が気になると書きましたが、これは周りの人も同じ感じていることです。夜はバスの走行音だけになることが理想で、それ以外の音が結構気になります。

もちろん、音楽やゲームの音も同様ですので、周りの方にご迷惑をできるだけかけないように、音漏れがしないイヤホンは絶対に必要です。光にも注意してくださいね!

 

その他便利なものと必須なもの

上記の物意外に持っておくと便利なものをいくつかリストにします

  • モバイルバッテリー
  • ディッシュ
  • マスク
  • 酔い止め痛み止めのお薬

とはいえ、これくらいでしたら普通に持っていますよね。

モバイルバッテリーは、スマホや携帯の電池が無くなると大変ですので小さいのでいいですのでひとつ持って置かれて下さい。

こちらがお手軽でおすすめです。iPhoneなどのスマホ、100均で売っている充電ケーブルを用意すればガラケーにも使えます。

※同様のものにピンクのスティックタイプもありますが、容量が少なすぎたり口コミで不具合があるとありましたので、私が使っていたこちらをおすすめします。

 

ディズニーを楽しもう!

夜行バスを使って何度か行くうちに慣れるものなのですが、最初数回はバス移動で疲れますし、列は疲れるしといろいろと大変なのですが、3回目くらいからはもうなれたもので、自分なりに工夫されてくると思います。

ディズニーは移動の苦労も吹き飛ばしてくれるくらいに楽しいですね。移動代を安く抑えて、夢の国を楽しみましょうね!

 

スポンサーリンク

-ディズニー