なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

釣り・アウトドア

海釣り初心者に超オススメ「手軽な道具」はアジもヒラメもイカも釣れるよ!

2017/02/07

つい最近まで初心者だった私が釣り歴20年の釣り人に聞いて実際に釣りができた、初心者にとってとってもシンプルな釣り道具です。

初心者の場合、「川と海は違う道具?」や「竿は魚によって変えなければいけないの?」など解らないことばかりですね。

ところが、釣りは最低限、糸と針と餌だけあればよく、竿がやリールがあると幅が広がります。そう思うと「高い道具」や「数多いな道具」では無くてもいいかなと考えられます。

というわけで、手軽な道具をまとめてみました。

スポンサーリンク
 

釣り初心者が最初に揃えたい釣り道具

海釣り初心者のための手軽でおすすめな釣り道具

釣竿(ロッド)の選び方とお勧め

竿選びの時に覚えておいたほうが良いのは

竿 は 消 耗 品

だということです。

どんな高い竿でも、不注意でぶつけた「ちょっとした傷」がやがて広がり、魚がかかったり根掛かりを取ろうとした時にポキっと折れてしまいます。実際、釣り歴20年の方の竿が折れた瞬間を見たことがありますが、折れる時は本当に一瞬でした。

初心者の竿の選び方は

  • 有名なメーカーのもの
    シマノ・ダイワ
  • 見た目が好み

この程度でいいですし、こだわりがなければ、初めは3000円位の安い竿でもいいです。将来、予備にもできますし、初心者に貸す竿としても使えます。

ただし、中古品は止めておきましょう。釣りショップの安く売られる型落ちなら大丈夫です。

 

オススメの糸は「PEライン0.8号」

初心者の釣りにはPEライン0.8号がおすすめ

リールを選ぶ前にオススメの糸を紹介します。

リールは糸に太さによって巻ける長さが変わりますので、まずは使いたい糸を選びます。

おすすめは

  • PEライン 0.8号

です。値段は150mで1000円から2000円位ので大丈夫です。

もちろんナイロン糸でも問題ありませんし、リールに元々巻かれていいれば、巻く手間がありませんしお得なのでそれでも良いです。

PEラインは細い糸を撚って作られた糸で耐久力があるためナイロンの糸より細い糸が使えます。細い糸でいいということは、リールにナイロンよりも長く巻くことが出来ますし、何より、PEラインは伸びが少ないので魚の引きの感触がダイレクトに伝わります

大物を狙わなければ、PEライン0.8号で間違いはないです。

 

PEラインの先にはリーダーになる糸を付けます。

リーダーはPEラインの先に直接結んで、その先に針を付ける感じです。

リーダー部分はショックを和らげる働きがあります。PEラインはダイレクトな感覚があるのですが、それだけにショックを吸収する能力に欠けています。魚がかかった時のショックを少しだけ柔らかくして、竿やリールに掛かる負荷を和らげることが出来ます。

もう一つの役割は、根掛かりした時にリーダーの部分がが切れてくれるおかげでPEラインを切らずに済みます。これだけでも付けておいたほうがいい理由が解りますね!

このリーダーになる糸はフロロカーボンの糸でも良いですし、余っていればナイロン糸でも良いです。太さはPEラインに合わせて、PEの0.8号から1号であればナイロン3号を使いましょう、

 

釣りのリールは見た目も大切

リールはチョットいい物がやっぱりいいです。

2000円台よりも4000円台、1万円台と慣れてくると結構違います。リールはそう簡単に壊れるものではありませんし…と言いたいところなのですが、高級機はメンテが重要ですし気を使いますね。私は最初に選んだ基準は

  • 見た目→ダブルハンドルカッコイイ
    やっぱりダブルハンドルは格好良くて好きです。
  • PEライン0.8号が150m程巻ける
    130mが巻ければ十分です。

リールは見た目のカッコよさと糸をどれくらい巻けるかで良いです。高いのになるとベアリングの数が増えたりして、巻き心地がヌルヌルとして全然違っていてハンドルを回していてとても気持ちいいのですが、いかんせん高い…。というわけで5000円位のリールをおすすめします。

ダブルハンドルはちょっとだけ高かったり、巻ける糸が短かったりしますが、カッコイイと釣りに行きたくなりますので、見た目重視でダブルハンドルのリールもおすすめです(好み)。

初心者の釣り針はジグヘッド!

まずは何か釣りたい!と初めての釣りの方にオススメは「ジグヘッド」という重りと針がくっついたものです。

釣具店に行くと解るのですが、ジグヘッドは重りの重さ、釣り針ん大きさ、さらにシリース化されたりして沢山の種類が売られています。ジグヘッドは使う釣り人が多くて人気があるということです。とても手軽ですので、これでいいかと思います。

なお、ジグヘッドは好みの釣り針と重りを使って手作りも出来ます。簡単ですしお好きな方は手作りすると安く済みますので作ってもいいかもしれません。ひとつ約10円~20円程度安くなる感じです。

ただ、ヒラメ釣りの場合はジグヘッドではなく、少し重いオモリを糸に通します。

餌について

ヒラメの餌は小イワシ

餌は釣る対象魚によって変わりますが、なんでも良いから釣れると嬉しいのが私達初心者です。もちろん、アジだったりキスだったりヒラメだったりと狙うものが釣れれば更に嬉しいですが、最初のうちは本当に魚の曳く感触が嬉しいです。

私はが最初に釣った魚は、小さなフグだったりします(後に聴くと、それはただの餌食いだと...)。

虫・ムシング

ゴカイやミミズなどの虫をつかう釣りです。いつの頃からか、こういう虫を使う釣りを「ムシング」というようになりました。はっきりいうと、気持ち悪いですね、、私は慣れてしまいましたがやっぱり気持ち悪いのには変わりありませんので、あえて画像は使いません><

小魚

ヒラメやタチウオなどの魚を貯める魚、いわゆるフィッシュイーターを釣る時に使います。小魚と言っても生きた魚でなくても良くて、スーパーの鮮魚コーナーに売ってあ小アジや小イワシが20匹くらいが入ったパック200円程度のものでokです。私はいつもそれを買っています。

ルアーやエギやワーム

生餌を使わなくていいので、ワーム形はともかく手が汚れないので好きです。

ルアーなどは安いのから高いのまで様々にありますが、高いからと言って釣れるわけでもなく、対処魚が書かれている中で選び、また「根掛かりして失った時にどの値段まで耐えられるのか」で選んでみるのも良いかと思います。1投目で1000円のルアーを失った時の感情を想像されて下さい(笑)

これらの疑似餌はひとつだけではなく、ルアーケースに10個ほど入れておけば魚の反応を見ながら付け替えて遊べます。魚は日ごと時間ごとに好みが違うらしく、ひとつのルアーで釣ろうとしても全く釣れない時があります。

エギ(餌木)で、エギングというイカ釣りに使う疑似餌です。これもなかなか楽しいです。

その他の道具は必須とあれば便利

竿・糸・リール・餌があれば手軽な釣りができますが、他に持っておくといいものがあります。

ほぼ必須

  • サルカン
    例えばジグヘッドとリーダーを繋いだりする金属の輪。根掛かりした時にはここから切れてくれたりします。
  • ウエットティッシュ
    使い捨てのウエットティッシュは絶対持っていたほうが良いです。
  • ハサミ・ラインカッター
    糸を切る道具です。ラインカッターは爪切りのようなものもあります。
  • プラモ用接着剤
    ラインとリーダーの結び目に付けます。アロンアルファなどより保存が効きますしブラシが付いてますので付けやすくて便利です。
  • タオル・軍手・手袋など
    餌や魚を触ったあとは拭きましょう
  • ゴミ袋は絶対
    切った糸やゴミは必ず持って帰りましょう。釣りをしない人から見た時、釣り場に糸などの釣具のゴミが落ちてると、釣り人が見苦しく見えます。私は海辺に釣り糸が捨ててあるのを見るたびに釣りをする人に対する嫌悪感が募っていきました。

持っておくと便利

  • クーラーボックス(記事)
    釣ったものを持って帰る時、猫に持っていかれるのを防ぐ時に使います。猫にイカを持っていかれました...
  • ライト(灯り)
    遅くまで釣りをしてしまいそうな時は必ず!
  • メジャー・巻き尺
    釣れた魚を測るためのもの。大物が釣れたら.....

釣りは愉しい

ヒラメ釣りには小イワシ

釣りベテランの方へ…
この記事の内容について、釣りのベテランの方は色々とあると思いますが、つい先日まで釣りを行ったことがなかった初心者の経験から、「これと決め打ちしないとなかなか先に進めない」ので、太く鷹揚に見守って頂けると幸いです。

まずは、手軽な道具からはじめて、面白くなったら徐々に買い換えるという感じでいいと思います。安い道具でも意外と色々釣れますし、結構面白いですよ!

関連記事

エギングのための竿・ライン・リール・エギ!初心者の私が後悔しないために釣り好きに聞いてきた

-釣り・アウトドア

関連記事
シェアお願いします