なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

年中行事

ハロウィンはいつ?その始まりとTrick or Treatの意味。ジャック・オ・ランタンは良い奴?!

2016/09/17

日本でも盛り上がっているハロウィン。

ハロウィンはどういうお祭りで何故この日なのか?

「ジャック・オー・ランタン」は何なのか?

そして「Trick or Treat」はどういう意味なのかを調べました。

スポンサーリンク
 

今年のハロウィンはいつ?

ハロウィンは、今年もその先もずっと10月31日になります。

  • 2016年10月31日(月)新月
  • 2017年10月31日(火)もうすぐ満月

2016年、今年のハロウィンは10月31日の月曜日です。そして夜は月が全く出ない新月ですね。まさに、お化けが出そうな夜です。

2017年のハロウィンは2017年10月31日の火曜日です。お月様は2016年とは反対に満月に近い月です。真っ暗の夜もお化けが出そうですが、満月のハロウィンの夜の方がどこかハロウィンらいしい気がするのは私だけでしょうか...

スポンサーリンク
 

世界のハロウィン・日本のハロウィン

ハロウィンの始まりは新年の始まり、そして「お盆」

ハロウィンの始まりと意味

 

ハロウィン

毎年、この夜には東京の繁華街で様々なコスプレをした人が騒いでいたという映像が全国のニュースで流れます。

元々は、もうずっと昔の2000年前に中央アジア(モンゴル付近)からヨーロッパに住んでいた古代ケルト人が信じる宗教のお祭り「サウィン祭」がハロウィンの元祖だと言われています。古代ケルト人は今とは全然違う暦を使われていて、11月1日が1年の始まりだったそうです。

今年、そして来年以降のハロウィンの日を見てお気づきだと思いますが、新年の始まりだった11月1日の前日、10月31日の夜から始まる新年のお祝いのお祭りでした。

 

さらに、この10月31日というのは、日本でいう「お盆」のように、亡くなったご先祖様があの世から戻られてくる日でした。ただ、ご先祖様の霊だけが戻られるのならば良いのですが、一緒に「悪魔」もついて来ると信じられていたそうです。

新年を祝う「サウィン祭」は収穫の喜びも合わせて賑い、この悪魔を驚かせて追い払うためのお祭りだったようです。また、カボチャの「ジャック・オー・ランタン」はこの悪魔を追い払う魔除けなのでした。あのカボチャ、怖い顔をしていますので悪魔かと思ってましたが、良い奴だったのですね。

「トリック・オア・トリート」

 

ハロウィンではTrick or Treat「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」と言いますね。

「トリック」のいたずらするぞ!は、英語でのTrickが騙すとかそういう意味なので解るのですが、「トリート」がお菓子をもらう?!というのが、どうしても分かりません。

Treatで調べてみると「扱う、あしらう」という意味がありました。この単語の意味を考え、そしてハロウィンが悪魔がやってくるということを考えてストーリーを作ると…

「悪魔の私をちゃんとおもてなししないと、いたずらするよ!」といった感じでしょうか。このことから、悪魔に扮した子どもたちに、お菓子でおもてなしをして帰って頂くということにつながっています。

私は信仰を持ちませんので、悪魔と言われてもピンとはこないのですが、当時はもちろん夜は真っ暗でしたでしょうし、悪魔も信じられていたのでしょうね。

そして現代

現在のハロウィン

 

ハロウィンの始まりと言われる、ケルト民族の「サウィン祭」なのですが、その後、カトリックの聖人や殉教者を祈念する「万聖節」にとりこまれました。

現代ではそれらが起こったヨーロッパでは盛んには行われておらず、アメリカで大きく盛り上がっています。たしかに、ハロウィンといえばアメリカの行事という印書が強いです。

そして、どういうわけか、日本ではコスプレを楽しむ方々でまちがにぎあうということになっています。なんか、さすが日本という感じが...

2017年以降のハロウィン

  • 2018年10月31日(水)半月
  • 2019年10月31日(木)三日月
  • 2020年10月31日(土)満月
  • 2021年10月31日(日)三日月
  • 2022年10月31日(月)三日月

当たり前ですが、見事に10月31日ですね。

まとめ

現在の日本では、様々なことを取り入れて、みなで楽しもうという雰囲気があるように感じます。これは、本当に良いことだと考えています。

ハロウィンを楽しみましょう!

スポンサーリンク

-年中行事