なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

とらべる

一宮七夕祭り2017年の開催日アクセス・コスプレ等まとめ

2016/08/24

一宮七夕祭りの情報をまとめました。

一宮七夕祭りは日本有数の七夕祭りであり毎年多くの方が訪れられます。

それだけに会場は混雑しますので、いち早く情報を知り、お祭りの計画を立てておきましょう。

一宮七夕祭りの開催日やアクセス情報をまとめて書いていきます!

 

スポンサーリンク
 

一宮七夕祭りの日程や場所は?

七夕まつり開催場所

一宮七夕まつりは愛知県一宮市で行わます。

メインの会場となるのは、JR一宮駅、名鉄一宮駅の正面ロータリーの先です。

メイン会場が駅前ですので非常に行きやすいお祭りとなっていますね。

開催日程と簡単なスケジュール

この七夕まつりは毎年、7月の最後の日曜日を最終日として、その前の4日間で行われます。つまり、その週の木曜日、金曜日、土曜日、日曜日の4日間の開催です。

 

2017年の一宮七夕まつり開催日(予定)は

2017年7月27日(木)から2016年7月30日(日)

この4日間の開催となります

 

詳しいスケジュールは公式サイトに掲載されると思います。

 

スポンサーリンク
 

一宮七夕祭りは何が行われるの?

お祭りの映像とパレードでみるこれまでの催し

これは公式の映像となります。

七夕飾りが街中に飾られていて、時代行列があったり、人力車によるパレードがあるのですが、その中でも注目は...

ミス七夕・ミス織物による「人力車七夕道中」です!

ミス七夕とミス織物は3月くらいからコンテストが始まり、様々な審査があって選ばれる女性の二人です。だけど、ミス七夕はわかるけど、ミス織物!?織姫ではなくて?と思ってしまいました(*´∀`)

このコンテストでは、ミス七夕クイーンミス織物クイーン、そしてミス七夕ミス織物が二人ずつ選ばれ、この6人が人力車にのってまちをパレードされる他、イベントに参加されるようです。男性のかたばかりでばく、女性のかたも是非ご覧下さいね!

実は2015年にはこんなパレードが開催されました。

↓ ↓ ↓

一宮七夕祭りの2015年は特別だった「ディズニースペシャルパレード」

なんと、ディズニーのパレードが行われました。

もちろんディズニーランドのパレードと比べるわけには行きませんが、ミッキーミニーが来てくれています!

これは、東京ディズニーリゾートが行っているスペシャルパレードで、2015年はこの一宮七夕まつりが選ばれました。。

「ん?毎年は来ないの?」と思われた方、正解です。

一宮七夕祭りのこのディズニー・パレードはこの2015年だけ行われましたので残念ながら2016年は行われないようです。

ディズニー・パレードは行われなくとも、一宮七夕まつりは楽しいですのでご安心下さい。

 

一宮七夕祭りコスプレパレードの日程と参加について(2016)

コスプレイヤーの中では有名なイベントになった一宮七夕祭りの「コスプレパレード」は2016年も行われます

→2017年は未定のようです。

開催日は2016年7月30日(土)

パレードの時間は15:00〜16:00 (予定)

開催場所は愛知県一宮駅〜真清田神社周辺(一宮商店街)

パレード参加受付は当日の一宮商工会議所 玄関前で14:00〜14:30です。

 

衣装への着替えのための更衣室がご利用できますが

利用するためには「更衣室利用料」が必要になります。

利用料は前売り1,000円/当日1,500円ですが、限りが有りますのでご注意下さい。

 

なお、パレードの参加自体は、受付さえ済ませれば無料で参加できるようです。

詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい

 

130万人も訪れるお祭りの中でのパレードはなかなか気持ちよさそうです!(∩´﹏`∩)

 

 

一宮七夕まつりへ会場へのアクセス

このお祭りのメイン会場は駅雨ということも有り、電車で行く場合は非常にわかり易っくなっています。

電車利用の場合

・名古屋方面から

JR名古屋方面からは新快速で10分、「尾張一宮」で下車。

名鉄名古屋からは特急で14分、「名鉄一宮」で下車。

・岐阜方面から

JR岐阜駅から快速で約8分、「尾張一宮」で下車

名鉄岐阜駅から特急で9分、「名鉄一宮」で下車

車をご利用の場合

名神高速道路の場合「一宮インターチェンジ」での下車が便利です。東海北陸自動車道の場合は「一宮西インターチェンジ」や「一宮木曽川インターチェンジ」です。

ここから会場へは15分程度ですが、お祭りの時は混雑すると予想されますので早めにおいでください。

 

一宮七夕まつりの由来や特色

一宮七夕まつり開催

「ミス織物」は何故織物?一宮と織物の関係

ここ一宮でこのような大きな七夕まつりが行われるようになったのは何故なのでしょうか?それは、「ミス織物」という他ではなかなか聞かないようなコンテストが行われることと関連があるようです。

公式サイトによると、このお祭りは昭和31年に「おりもの感謝祭」として始まったようです。

一宮市の守り神として市民に親しまれている真清田神社の「天火明命」の母神「萬幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)」は織物の神様で、この神様のおかげでこの地方に織物が発達したとされ、、織物といえば織姫、織姫といえば七夕...というわけでこの時期に始まったものだと思われます。

「ミス織物」は個人的にはミス織姫でも良かったのではないかと思っていましたが、このお話を読んで、この一宮という地区を代表する織物にちなまれたのだと理解しました。

私自身もお茶のお稽古や気が向いた時に普段着として着物を良く着ますので、織物に興味を持っています。不勉強で一宮が織物の街だということを知らずにいましたが、これを気にどういう遠里小野があったのかを調べて行きたいと思います。

一宮七夕祭りのまとめ

お祭りについてまとめました

  • 開催は7月の最後日曜日の前の4日間
  • アクセスは電車が便利
  • 屋台は午後9時まで営業
  • ミス織物は織物業にちなんだ名称
  • 4日間で130万人来場するのでお気をつけて!

さすがに人気のお祭りだけあってこの来場者はすごいですね。

夏まっただ中の開催となりますので、しっかりと水分をとられるようにして下さい!

 

おわりに

全国各地で行われている七夕まつり。

その中でも3つの指に入るほどの規模である一宮七夕まつりは、毎年130万人の人出があるそうです。

もしお泊まりの場合は、ホテルもいっぱいになるかと思いますので、お祭りを楽しまれるためにも早め早めのご準備をされたほうがいいかもしれませんね!

織物のまちでの七夕まつり、まちのことや由来を知るとちょっと面白くなると思います。

是非、楽しまれてくださいね!

 

スポンサーリンク

-とらべる