なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

iPhone・PC・カメラ

iPhoneのおすすめモバイルバッテリーはとにかく薄いAnker PowerCore Slim 5000

2016/10/26

iPhone7が発売され、充電器やモバイルバッテリーも欲しいところですね。

私は、とにかく薄いAnker PowerCore Slim 5000か、充分な容量があるcheero Power Plus 3 10050mAhをおすすめしています。

何しろアイフォンやiPadはバッテリーがないと始まりません。ポケモンGOを充分に遊ぶのもモバイルバッテリーがあると安心です。そこで、この記事では、私がおすすめのする上記のモバイルバッテリーの利点などを書いていきます。

スポンサーリンク
 

iPhone・スマホにおすすめのモバイルバッテリー

1位 とにかく薄い!Anker PowerCore Slim 5000

おすすめはiPhoneの薄さスマートさを損なわない薄さのモバイルバッテリーです。

私もそうなのですが、モバイルバッテリーが必要な方というのは、だいたいヘビーユーザーだったりして充電中も使いたいので、モバイルバッテリーを選ぶ基準はiPhoneと重ねた時に横にはみ出さないことと、できるだけ薄いものがいいんですよね。

薄いと確かに容量は小さくなるのですが、私の経験から言うと普通の生活でしたら5000mAhほどあれば充分に家に帰るまでは持ちます。

というわけで、私がおすすめするのは、「Anker PowerCore Slim 5000」です。

アマゾンには実際使っている感じの写真がありますので、見て頂けるとわかるのですが、薄くて、幅もピッタリで持ちやすそうですね。

この持ちやすさが大切で、これまでのこの容量のバッテリーというのはわりと厚いのばかりで、どこか「持ちたくない」という感じを受けていました。これくらいの薄さと重さでしたら、一緒にポケットに入れてもずっしり思いという感じはなさそうですね。値段も2,500円程度(2016.9)と安いもの良い感じです。

日本では2016年9月に発売されたばかりということで、Amazonの評価はほぼないのですが、ここまで薄いのはこれまで信頼できるメーカーから発売されていませんでしたので、結構良い感じではないでしょうか?

なお、アメリカのAmazonではすでに発売されていて、一部の評価を見てみると概ね良い感じです。

  • 良い点
  • 薄くてかさばらない
  • iPhoneと重ねて後ろのポケットに入る
  • PowerIQでiPhoneの充電が早い
    早く充電しようとする技術です
  • ポケモンGoをプレイしながら使える
    やっぱりそこも基準か!
  • 悪い点
  • 部屋では白色LEDが部屋では眩しい
  • 油汚れが浮きそう
  • バッテリー充電に3時間
    5000mAhバッテリー充電時間はどれもこんなものかと思います。

90%の方が★5ですので、日本でも評価の高いAnkerらしい作りかと思います。

アメリカアマゾン商品ページ

現在のところ、私が一番おすすめするバッテリーでした。

→人気なのか売り切れているようです。

2位 容量1万mAh超えのcheero Power Plus 3 10050mAh

1位で紹介したものは5000mAhありますので普段使いにはちょうどいいのですが、旅行先でよく使うのになかなか充電できない時や、スマホでのネット配信を行う方にとってはバッテリーの容量こそ大切になってきますね。私もよく旅行に行っていましたので、スマホでの情報収集はとても大切な物になっていました。

そこで、私がおすすめするのは容量が10,000mAhを超えるモバイルバッテリーです。1万mAhというのは、例えばiPad mini4の電池が5,124mAhですので、約2倍の容量ということになります。また、iPhone7のバッテリー容量はは1960mAhです。1万超えというのがいかに大容量なのか分かると思います。

実はこれより3000mAhほど多い容量の同じメーカーのもあります。ですが発売日が2014年10月とちょっとだけ古く、評価はとても高いのですが技術の進歩などを考えると、信頼できるメーカーの新しいものが良いと考えこちらにしました。新しいと言っても、日本よりアメリカのほうが先に発売されて、評価が固まったうえでの日本発売となることも多いので、安心はできると思います。

 

cheero-power-plus3mini

私が普段使いしているのはcheero Power Plus 3 miniという5200mAhのモバイルバッテリーです。

この機種の利点は

・パナソニックの電池が使われていると公表されている
・130g程度という軽さ
・何故か黒より白のほうが安い(時価!?)

1万mAh以上のものも良いのですが、やはり重いというのがネックになりますので、持ち歩きはもっぱらこれくらいのものになっています。

cheero Power Plus 3 mini(Amazon)

スポンサーリンク
 

おすすめのモバイルバッテリーメーカー

Galaxy Note 7の例を見ても解るように、バッテリーには発火の恐れがあるために、信頼できるメーカーのモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。

私のオススメのメーカーは、お勧めに上げた1位と2位のバッテリーのメーカーである「Anker」と「cheero」です。

cheeroは「ダンボーのモバイルバッテリー」といえばご存じの方も多いと思います。このダンボーのモバイルバッテリーが出た頃はどこのショップでも売り切れが続出していてなかなか手に入らなかったことを思い出します。その頃からcheeroはモバイルバッテリーの人気メーカであり、Amazonでも評価が高くおすすめが出来ます。

もう一つは、Ankerです。こちらもとても人気があるメーカーでAmazonでも高評価を得ています。私が初めて買ったモバイルバッテリーのメーカーがAnkerでした。旅先で失くしてしまい今は持っていませんが、Ankerの製品が気に入ってUSB充電器をもAnkerのものを使っています。iPad miniや他のガジェットを同時に繋いでも余裕で充電できますので、大変助かっています。

というわけで、Ankerとcheeroが、Amazonでの評価も高くオススメのメーカーです。正直言いまして、私の中ではこの2つのメーカーの他は選べそうにも有りませんし、他のを選ぶ必要もないくらいに充実しているかと思います。

 

まとめ ゲームにも情報収集にもバッテリーはあったほうが良いかも

現在、まだまだポケモンGOの人気は高く、大きな公園では多くの方がスマホ片手にポケモンを遊ばれています。また、私がよく行く京都でも観光地では情報を求めスマホを手にされたり、写真を取られていたりします。

私達の生活に完全に入ってきているiPhoneをはじめとするスマホですが、それがないと結構不便にもなってきました。また、スマホはあってもバッテリーが減ってくると結構不安にもなってくるものです。

というわけで、5000mAhくらいのものでも良いので、1つ持っておくと安心です。とくに、最初に紹介した「Anker PowerCore Slim 5000」は薄くて、スマホを使いながら充電できますので、オススメできます。

スポンサーリンク

-iPhone・PC・カメラ