なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

宇宙・航空

小松基地航空祭2016の日程や駐車場。日本トップの航空部隊「アグレッサー」移転後の初めての航空祭に注目

2016/09/20

小松基地では2016年9月19日に「小松基地航空祭」が行われます。

ご存知のとおり、2016年6月10日に飛行教導隊アグレッサーが移転してきて初めての航空祭となります。

この記事では小松基地航空祭の日程や魅力、そして駐車場情報などの開催概要を書いています。

スポンサーリンク
 

2016年 小松基地航空祭の開催概要

小松基地航空祭の日程や交通アクセスや駐車場、スケールールなどを記載

航空祭の日にちや場所

日程
2016年9月19日(月)
敬老の日:祝日
(雨天決行)

場所
航空自衛隊 小松基地
石川県小松市

雨天決行ですが、雲が低かったり雨が降っていたるすると航空機のフライトが制限され、地上展示のみという可能性がありますのでご注意下さい。

2016年-ブルーが飛びました!

厚く雲がかかった小松基地上空でしたが、ブルーインパルスは素晴らしい飛行を見せてくれました。

今回は曇天5区分だったようです。

次回、ブルーインパルスは10月1日、岩手国体開会式で飛行予定です。恐らく飛行時間は短いとは思われますが、快晴の秋空の中を飛んでほしいですね。

 

小松基地までのアクセス・駐車場

小松基地周辺は航空祭の日に毎年大渋滞が発生します。また、違法駐車もあるようです。

基地内には一般の方が入ることが出来る駐車場は有りませんので、基地周辺に設けられる無料駐車場をご利用下さい。そこから有料シャトルバスが運行されます。また、JR小松駅からも有料シャトルバスが運行されますので、そちらをご利用されるのが良いかと思います。

 

臨時無料駐車場

無料駐車場は3ヶ所あります。朝4時30分から開門されますので、ご利用される方はお早めに行かれて下さい。なお無料駐車場の閉門は17時30分で駐車場の閉門後は車を動かす事ができませんので、どうしても遅れる予定の方は、公共交通機関か小松駅周辺の有料駐車場をおすすめします。

駐車場 台数 大型
小松駅東側周辺 400台 不可
串工業団地
スカイパークこまつ
3500台 可能
鉄工団地駐車場 4700台 不可

無料駐車場は、企業の敷地を利用させていただくかたちで開放されています。台数も限られていますので出来る限り公共交通機関のご利用をおすすめします。

 

交通規制

このような感じで、基地につながる周辺道路はだいたい規制されています。

 

小松基地に限ったことでは有りませんが、航空祭というのは周辺自治体にお住まいの方の理解があってこそのイベントです。とくに小松基地航空祭では大渋滞が引き起こされたり、大変多くの違法駐車などがあることから問題になっているとのことです。小松基地では周辺の交通規制など解決に向けた計画が実施されるようになり、改善に向けて動かれていますが、昨年と同程度かそれ以上に悪化ししてしまうと、今後の航空祭の計画に多大な影響がありそうです。ぜひ御理解の上、行かれるようにお願いします。

 

小松基地航空祭への入場について

基地への入場は無料で、チケットなども必要ありません。

基地の開門は午前7時45分が予定されています。その前から毎年門の前に長い行列ができます。早く入場されたい方は朝早くから並ぶしか有りません。9月といえどもまだ暑いかと思いますので、体調管理には充分お気をつけて下さい。

 

入場前には荷物のチェックなどが必ずありますので、持ち込み禁止の危険物などは絶対に持っていかれないようにされて下さい。入場できなくなります。

持ち込みが禁止されているものの中の一部を書いておきます。この他にもあると思いますのでご注意下さい。

酒類、「ビン」や「カン」に入った飲み物(ペットボトルはokですが中身がチェックされます。

危険物、無線航空機(ラジコン・ドローン等)、自転車などの乗り物(ベビーカー・シルバーカー・車椅子は大丈夫です。)

ペットはケージやケースに入れられていても、入場禁止です。

 

スポンサーリンク
 

2016年の小松基地航空祭スケジュールと見どころ

小松基地航空祭2016スケジュール

冒頭にも書きましたが、移転後初の飛行教導隊(アグレッサー)の飛行があります。もちろん、ブルーインパルスも飛びます。

 

飛行イベント
7:45-8:35 オープニング
8:55-9:30 第6航空団
機動飛行
9:30-10:00 救護隊
救護飛行
10:00-11:10

アグレッサー(教導隊)・第6航空団による機動飛行・編隊飛行
F-2による飛行

11:30-12:00 グライダーの飛行
12:35-13:00 ブルーインパルス-地上
13:00-13:50 ブルーインパルス
テイクオフ~展示飛行
(展示飛行とはアクロバット飛行のことです)
地上イベント
7:45-15:00 地上展示
各種ブース展示
装備品展示
車両などの展示
グライダー展示
8:00-13:00 紙飛行機大会
8:00-14:45 花自動車
11:20-11:45 小松工業高校の演奏
11:55-12:20 中部航空音楽隊の演奏
11:30-12:00 モデル撮影会

地上でも様々なイベントが有りますね。

 

小松基地航空祭の見どころ

ブルーとアグレス以外の見どころです。

・303と306のスペマ(スペシャルマーキング)=特別塗装

航空機に施されるスペマは絶対に見逃せません。特別塗装なので、この時期ここだけでしか見られないことのほうが多いです。

予行時のスペマ機。

知らないと見逃してしまいがちですので、是非探してみてください。

 

・中部航空音楽隊による演奏

もちろん飛行がメインとなる航空祭ですが、中部航空音楽隊はそんな中でも素晴らしい演奏を聞かせてくれます。是非聴かれてみてください!

 

ブルーインパルスの展示飛行について

9月19日の展示飛行

ブルーインパルスの展示飛行(アクロバット飛行)が予定されています。

ブルーインパルスのイベントは、12時35分からはじまり、13:00にテイクオフ、そして展示飛行になります。

突き抜けるような晴れ間が広がればA区分といわれるフル演目が披露されると思いますので、てるてる坊主を作って晴れを願いましょう。雨が降ったり雲が低かったりすると、飛行がかなり制限されてしまいます。時には上がらない場合もありますので注意です。

 

ブルーインパルスの予行について

2016年9月19日の本番の展示飛行に伴い、今回も前日予行が予定されています。

日程は2016年9月18日です。

時間については、今年は曇り、また、雨が降っているために全く見えない状況です。もしかしたら予行は中止になる可能性もあります。

 

アグレッサー・飛行教導隊について

小松基地航空祭アグレッサー

 

飛行教導隊は、日本唯一の航空自衛隊教導部隊であり、アクロバット飛行のブルーインパルスの部隊と共に日本トップの航空技術を持つ部隊です。

今回は6月に移転が完了してからの初めての航空祭になり、教導隊の隊員・パイロットの方々も気持ちが入っていると思います。その素晴らしい飛行技術を堪能されて下さい!

小松基地では、2016年9月14日に小松基地航空祭の予行が行われました。

アグレスの予行日の飛行です。小松あたりは北陸で湿気が多いこともあり、「ベイパー」と呼ばれるこんな「モフモフ」がよく見られます。当日もぜひ晴れてアグレッサーの勇姿を見たいですね!

アグレッサーの移転について、及びアグレッサーについては

アグレッサー(飛行教導隊)が小松基地へ移転

こちらの記事に書いています。

追記

アグレッサーの見どころはやはり離陸時です。恐らく、低空からのの急上昇、つまりハイレートクライムを見せてくれると思います。

ヤバイ。。。見てると行きたくなってきますね。

 

もう一つ、アグレッサーの映像を

航空自衛隊の公式動画

さすがアグレス!全てがかっこいいのです。

 

2015年 小松基地航空祭 予行 ブルーインパルスの映像

 

2015年の予行の時のブルーインパルスの映像です。たった45秒の映像なのでですが、ぜひ。

こういう映像はなかなか撮れるものでも有りませんので、見ていて面白いです。

 

まとめ

毎年人気の小松基地の航空祭です。

2016年は西日本に台風が接近していて、ブルーもアグレスもフルで飛ぶかなどうか解らないという天気になりそうですが、航空祭は地上展示も面白いものが多く、楽しめますので是非お出かけください!

スポンサーリンク

-宇宙・航空