なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

スポーツ・オリンピック

2016春高バレーの出場高校と今年の注目選手。試合日程、テレビ放送まとめ。

2016/09/08

2016年 春高バレー。優勝校決定!

2016年、平成27年度の優勝校は
男子 東福岡
女子 下北沢成徳 でした。

男子は九州勢同士の決勝。女子は東京勢同士の決勝でしたね。 今年も一回戦から熱い戦いが繰り広げられ、見ている私達も試合にのめり込んでしまう場面が多くありました。 選手の皆様、ありがとうございました。   これから3年生が引退され、現2年生を中心にチーム作りが進んでいくことと思います、28年度の三大大会での活躍を期待しています!  

スポンサーリンク
 

2016年 第68回 春の高校バレー開催日程と試合会場

春高バレー開催 概要

日程
1回戦~ 2016年1月5日(火)~1月7日(木)
準決勝 2016年1月9日(土) 決勝 2016年1月10日(日)

競技日程詳細
1月5日(火) 開会式 男女1回戦 40試合
1月6日(水) 男女2回戦 32試合
1月7日(木) 男女3回戦・準々決勝戦 24試合
1月9日(土) 男女準決勝  4試合
1月10日(日)  男女決勝戦  閉会式  

 

2016年国体少年男子・少年女子
2016岩手国体の出場高校(チーム)と組み合わせ

2017年 第69回 春高バレーの出場校
分かる範囲で徐々に追記していきます

 

春高バレー会場
東京体育館   入場料 一般1000円 学生500円 アリーナ席 決勝・準決勝のみ 2500円  

12月7日に組み合わせ抽選会が行われました

注目は、昨年3大大会を制した金蘭会が2回戦で東九州龍谷(大分)と聖カタリナ女(愛媛)の勝者と当たります。どちらが2回戦に上がってくるかは分かりませんが、どちらにしても強豪同士が2回戦で当たります。  

 

2015春高バレー 今年の展望

2015年10月1日更新 高校バレーボール3大大会のうち、インターハイと国体が終わりました。残すは春高バレーだけです。 男子では強豪の大阪と福岡がインターハイと国体をそれぞれ取り、昨年3冠を取り1強だった福岡だけではなく、上位の力が均衡しており春高は本当に面白い戦いが見れそうです。 女子は昨年3冠の金蘭会がインターハイと国体を逃し、代わりに長崎の古豪、九州文化学園が2冠をとっています。春高もこのまま九文が3冠を取るか、金蘭会や誠英が登ってくるのか楽しみです。  

 

八王子実践、金蘭会を破り決勝へ!

2連覇を目指していた金蘭会高校。宮部だけではない選手層の厚さを見せてくれましたが、及ばすに敗退しました。この試合、全日本のエース候補の宮部選手は腰痛の悪化が心配されたために出場はなりませんでしたが、全日本ユースレベルの選手達が頑張りました。 八王子実践は久しぶりの決勝進出。何故か母校の試合のテレビ解説者となられた大林さんも喜んでおられましたね(笑) 決勝は東京同士の試合となります。それだけ強い選手たちが揃っていることですね。  

 

鎮西高校決勝進出!

試合は最後、5セット目の最後の最後まで分からない熱い戦いでしたね。鎮西が3ポイント差をつけたら1点差まで追いつくという熱い試合でした。 鎮西高校はこの大会では、大塚、石川工、成城を倒してきました。いずれもインターハイ優勝など強豪校で、どの試合もフルセットでの勝利。その中で少しづつ感じをつけていったのだと思います。 決勝は九州勢同士の戦い、昨年3冠の東福岡。最強の相手とどう戦いそして勝利をつかむのか。楽しみです!  

3回戦・準々決勝の感想

2015年の高校バレーは、長崎の九州文化学園が2冠を達成し古豪らしい強さを存分に発揮していた年でした。そして、昨日の試合も立ち上がりに不安がありながらも順当に勝ち進んでいました。しかし、3回戦は下北沢成徳との試合で粘りを見せましたが、成徳の安定した守り、そして上手いスパイクの前に敗退しました。 この試合、そして準々決勝での細田学園との戦いで見せた成徳の攻守バランスの取れた強さは安定していて、もしかしたらこのまま・・・という期待を持たせてくれます。細田学園も1セット目、デュースからの「絶対負けない」という気持ちの現われからの粘り、そして連続得点時の勢いはさすがベスト8の実力を見せてくれました。来年に期待ですね!

そしてそして…やはり金蘭会は強いです!もちろん宮部選手はすごいのですが、周りの選手たちの高レベルの安定がこの後の試合でも発揮されれば、もしかしたら、春高バレー史上、久々の連覇達成が見られるかもしれません!   男子は熊本の鎮西、そして優勝候補No1のの東福岡が勝ち、ベスト4に残っています。九州の高校バレーファンにとってはお馴染みの両校。ぜひ勝ち上がってくれることを願っています。 準決勝からはセンターコートでの5セットマッチとなります。より面白く熱い試合が見れそうです!  

 

2回戦の感想※女子のみ

高校バレーファンにとって、これは5セットマッチで見たいという試合がありました。東九州龍谷 vs 金蘭会 組み合わせの妙により2回戦で戦うことになった強豪チーム。一方は過去何度も優勝している古豪。一方はエースが復活した昨年3冠の高校。 結果は2-0で金蘭会がストレート勝ちとなりましたが、2回戦だったとはいえ、このような対戦の試合を見ることが出来て嬉しいです。素晴らしい試合を見せてくれました。

  岡崎学園vs九州文化学園の試合も良い試合でした。私は九州勢を応援していますが、注目しているのは岡崎学園という個人的に複雑な試合です。1セット目、周囲の予想を覆しなんと岡崎学園が奪取しました。サービス、スパイク、そして、守りも九文の上を行っていて、もしかしてこのまま勝ってしまうのではという期待をいだかせる動きでした。 結果は1-2で九州文化学園の勝利でしたが、後半に見せてくれた連続ポイントも素晴らしいものでした。岡崎学園には来年、是非また出場してもらいたいです(もっと強い愛知のチームが出てきたらそれはそれで嬉しい)。   非常にタイトなスケジュールの中、続々と全国レベルの素晴らしい試合が生まれています。選手の皆様、これからもファイトです!  

一回戦が終わりました

一回戦、10試合ほどを作業しながらですが見ました。強豪校の試合は一方的な試合になるのかなとおもいきや、接戦の試合が続いていて作業の手が止まることもありました。 九州勢では東龍のみが勝ち進んだ感じですね、残念ながら熊本の信愛を破って出場した鎮西高校は敗退してしまいましたが、就実との試合はこれからを感じさせました。東龍の2回戦の相手は昨年優勝の大阪金蘭会です。全日本選出の宮部藍梨選手をエースとするチームはとても強く、こちらも面白い試合になりそうです。  

愛知の岡崎学園は今年で4年連続出場ですね。過去3年は初戦敗退が続いていましたが、今回は勝利を飾る事ができました。私は昨年卒業されたセッターの選手が1年生の時に急遽先発して以来注目しているチームで、また岡崎の監督さんの選手たちに掛ける言葉がとても印象に残っています。たしか、プロチーム(全日本?)のアナリストから監督に転身された方と記憶しています。その岡崎学園の2回戦は、今年度高校バレー三大大会の2つを取り、最強の位置にいる九州文化学園です。手強い相手ですが、熱い戦いを期待しています! ※すみません、女子しか見ていません(笑)   春高バレーは、接戦が続き選手たちは疲れていますが、日程的にきついスケジュールとなっています。選手の皆さんは、怪我をされないよう、しっかりと準備して頑張ってください!  

 

スポンサーリンク
 

今年の高校バレー注目選手

東京オリンピック指定強化選手Project COREに選ばれた選手を中心に紹介します。

宮部藍梨選手
金蘭会高校 ウィングスパイカー 日本代表 Project CORE 2015年ワールドカップで日本代表に選出。2015年の春高バレーで金蘭会高校を優勝に導いた選手。高さと力強さが印象に残っています。今大会も予選・本大会を通じての活躍を期待しています。

鈴木祐貴選手
雄物川高校(秋田) ウィングスパイカー Project CORE 身長203cmのオールラウンダー。全日本男子選手に選出されました。

金子聖輝選手
東福岡高校 WS Project CORE 2015年の春高ではセッターとして優勝に導く。 2014年度の三大大会制覇を導いた東福岡のエース。今大会も注目です。

黒後愛選手
下北沢成徳 ウィングスパイカー Project CORE 2015年の春高バレーでは1年生エースとして宮部藍梨選手とともに注目され、身長180cm、最高到達点320センチの高さからのスパイク、そしてディグ。オールラウンダーとしても大注目の選手だと思います。

中島未来選手
九州文化学園 ウィングスパイカー 今年のインターハイを8年ぶりに制した九州文化学園。中島未来選手はエースとしてチームを引っ張りました。 九州文化学園では岳野ひかる選手も1年生ですが注目選手の一人です。  

 

2016年 春高バレーの放送

地上波 2015年および、近年はフジテレビ系列でダイジェストが放送されています。 衛星放送 2016年もスカパー フジテレビワンツーネクストで男女の全試合が放送されます。  

 

春高バレー決勝の放送

日にち 2016年1月10日 フジテレビ系列の地上波 男子 13時30分 東福岡 - 鎮西高校 女子 16時 八王子実践 - 下北沢成徳 スカパー フジテレビone 17時40分 ~ 男女 決勝   スカパーの加入のお申し込みは

スカパー公式サイトから出来ますが、CSフジテレビのことはとくには書いてありません。  

 

2016年春の高校バレー 男子・女子 出場高校

第68回 春の高校バレーの出場高校一覧 ※間違いが無いように気をつけていますが、もし間違っていたらコメント等でお知らせ下さい!  

都道府県 男子 女子
北海道 東海大四 札幌山の手
北海道 とわの森三愛 旭川実業
青森 弘前工業 弘前学院聖愛
岩手 一関修紅 盛岡誠桜
宮城 仙台商 古川学園
秋田 雄物川 由利
山形 山形中央 山形市商
福島 郡山北工 磐城第一
茨城 霞ヶ浦 土浦日大
栃木 足利工大附 国学院栃木
群馬 明和県央 健大高崎
埼玉 埼玉栄 細田学園
千葉 習志野 柏井
東京 東亜学園 八王子実践
東京 駿台学園 文京学院
東京 東洋 下北沢成徳
神奈川 荏田 川崎橘
神奈川 川崎橘 大和南
新潟 上越総合技術 新発田商
富山 高岡第一 富山第一
石川 石川県工 金沢商業
福井 福井工大福井 福井工大福井
山梨 日本航空 増穂商
長野 創造学園 都市大塩尻
岐阜 県立岐阜商 済美
静岡 聖隷クリストファー 富士見
愛知 星城 岡崎学園
三重 松阪工業 三重高校
滋賀 近江 八幡商
京都 洛南 京都橘
大阪 大塚 金蘭会
大阪 清風 四天王寺
兵庫 市立尼崎 日ノ本
奈良 添上 天理
和歌山 開智 信愛
鳥取 鳥取商 米子西
島根 安来高校 大社高校
岡山 岡山東商業 就実
広島 崇徳 進徳
山口 高川学園 誠英
徳島 城東 城南
香川 高松工芸 高松商
愛媛 松山工 聖カタリナ女
高知 高知商業 高知中央
福岡 東福岡 西日本短大附属
佐賀 佐賀商 佐賀清和
長崎 大村工業 九州文化学園
熊本 鎮西高校 鎮西高校
大分 大分工業 東九州龍谷
宮崎 延岡工業 延岡学園
鹿児島 鹿児島商業 鹿屋中央
沖縄 西原 西原

 

全国の代表校が出揃いました。女子は、大分の東龍、山口の誠英など強豪校が出場を決めていますね。また、昨年優勝の金蘭会が今年も出場します。 熊本は古賀紗理那選手が抜けたあとの信愛が代表を逃しました。信愛はこれまで29年連続出場を果たしていましたので、アベック出場となった鎮西高校女子バレーの躍進が大きかったのだと考えられます。信愛を破った鎮西の活躍に期待です!

長崎の九州文化学園の出場が決定しました。インターハイ、国体を制し、高校バレー3大大会をすべて取ることが出来るのか大注目です!。男子では強豪の東福岡も出場します。国体に続き九州勢のアベック優勝となるのか、それとも強豪揃いの東京代表が取るのか。金蘭会や誠英という強豪が上がってくるのか。見逃せませんね!  

 

2015和歌山国体が開催されました(結果あり)

国体バレーの概要と注目校

国体のバレー競技で高校生が出場するのは少年男子、少年女子です。チーム編成は都道府県の強豪校のチームがそのまま出場することも有りますが、各校からの選抜メンバーによりチームが結成されることも有り、面白い試合が見られます。  

2015年の開催は和歌山県、「紀の国 わかやま国体」で、開催期間は平成27年9月27日(日)から9月30日(水)です。   今年のインターハイでは男子は大阪の大塚高校、女子は九州文化学院(長崎)が優勝、国体は男子は福岡、女子は長崎(九文)が優勝しました。 女子は、昨年春高バレーをはじめ高校バレー3大大会で優勝の金蘭会高校が3回戦で八王子実践に敗れましたが、国体、そして春高バレーではどのような活躍を見せてくれるか期待です。

 

2015和歌山国体 高校バレーボール 結果 

少年女子 決勝 長崎 3-0 京都
準決勝 大阪 3-1 山口
ベスト8進出校 長崎 大阪 秋田 広島 山口 京都 神奈川 東京

少年男子 決勝 福岡 3-0 鹿児島
準決勝 石川 3-1 熊本
ベスト8進出校 鹿児島 石川 山梨 長崎 福岡 熊本 兵庫 長野

 

2015和歌山国体 バレー出場都道府県と高校

国体出場はブロックごとに予選会(ミニ国体)が行われ、少年男子、少年女子は24チーム出場します。

少年女子 開催地枠 和歌山信愛高校 北海道選抜 旭川実業と札幌山ノ手の混成/秋田選抜 / 岩手選抜 /古川学園高校(宮城)/ 八王子実践(東京) /市立橘(神奈川)/ 細田学園(埼玉) / 柏井(千葉)/ 富山第一高校 / 福井高校 / 静岡選抜 / 愛知選抜 / 滋賀選抜 兄弟社と近江と滋賀短附の混成(滋賀)/ 京都橘高校 / 金蘭会高校(大阪)/ 広島選抜 / 山口選抜(誠英という噂もあり)/ 香川選抜 / 愛媛選抜 / 九州文化学園高校(長崎)/ 鎮西高校(熊本)/ 東九州龍谷高校(大分)/ 鹿児島選抜

少年男子 開催地枠 開智高校 北海道選抜 / 岩手選抜 / 仙台商業(宮城)/ 雄物川(秋田)/ 埼玉選抜 / 習志野(千葉)/ 東京選抜 / 山梨選抜 / 創造学園(長野)/ 石川選抜 / 愛知選抜 / 三重選抜 / 京都選抜 / 大塚高校(大阪)/ 尼崎高校(兵庫)/ 岡山選抜 / 山口選抜 / 香川選抜 / 愛媛選抜 / 福岡選抜 /大村工業(長崎)/ 熊本選抜 /鹿児島選抜

 

いよいよ、決勝を残すのみとなりました。男子は鎮西高校対東福岡の九州対決。女子は八王子実践対下北沢成徳の東京対決。いずれも古豪そして大変強いチームです。見逃せません!  

 


下北沢成徳高校は、なぜ多くの日本代表選手を輩出できるのか
 

スポンサーリンク

-スポーツ・オリンピック