なるぶろ

生活の知恵やイベントまとめ!

生活の知恵

100円ライターの捨て方・ガスの抜き方

投稿日:

100円ライターをどうやって捨てるのかを調べました。

自治体のゴミ分別に従って捨てるのですが

どの自治体でもライターのガスは出し切ってから捨てるように書いてありますので、どうやって中のガスを出してしまうのかも調べました。

スポンサーリンク
 

ライターを捨てるときには使い切ってから!が基本

ライターを捨てる方法

ライターやライター用のガス缶を捨てる時の注意点としてどのこ自治体でも共通しているのは

・ガスを使い切ってから捨てること

です。

ライターの中に入っているガス(液体)は、非常に燃えやすいので必ず使い切ってから出されるようにされて下さい。

でも、100円ライターは中に液体はあるのに、なかなか火がついてくれないというときもありますね、そういう時にどうやって抜くのか、動画がありましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ライターのガスを抜く方法と注意点

事前準備

ライターのガスは非常に燃えやすいので注意をしなければいけません。

  1. 風通しの良い屋外で行うこと
  2. 火の気のない場所で行うこと
  3. バケツなどに水を用意していおくこと
  4. ガスを抜く前に本体を水につけて濡らすこと

ガスは吸ってしまうといけませんので、必ず風通しの良い場所で行って下さい。また、当然、火の気のない場所で行うことが大切です。

もうひとつは、バケツなどに水を入れておいて万一のための準備をされて下さいね!

ガスは危ないので十分にお気をつけて行われて下さい。

自信がなければ、ライターの捨て方を自治体に問い合わせられたほうが良いかもしれません。

ライターに爪楊枝を挿してガスを抜く

100円ライターのガスを抜く方法です。

ライターでは、親指で押すことによってガスが出るのですが、そこを押し続けるのは大変ですね。

そこで、爪楊枝を使って固定することでガスを出すようにされています。「シュー」っという音が出続けたら、そこで固定できるようにします。

ライターの金属部分を取るためには、ペンチ等があれば簡単に取れてしまいます。ドライバーでコジッても良いかもしれません。

必ず風通しの良い場所で行って下さい!

ライターのヘッドをペンチで壊す方法

ちょっと強引ですが、ライターヘッドの部分をペンチで壊してしまい、液体ガスを出す方法です。

映像を見ると、液体がガスになる前にポタポタと落ちている様子がわかります。爪楊枝で出すよりも早く処理できます。

でも、河原などでやるなら良いけれど、家付近ではちょっと怖いなぁなんて思ってしまいます。

容器部分を溶かしてライターガスを抜く方法

小さな容器に入れた液体に、ライターのプラスチック部分を浸すとその部分が溶けて、中の液体ガスが抜けていく様子がわかります。

結構勢い良く抜けていますね。

このプラスチックを溶かしている液体は、「塗装剥がし材」や「ラッカー薄め液」などで売られていて、ホームセンターでも見かける普通の液体です。手にくっつかないように、必ずゴム手袋を着用してから行うようにされて下さい。

この方法も、できれば広い場所で行われることをおすすめします。

ライターを捨てる時にやってはいけないこと

ライターは燃えやすいガスを使っていますので、必ず自治体が提示している捨て方に従って捨てるようにするのですが、中にはルールを守らずに捨てられるライターを見かけたことがあります。

絶対にやってはいけないライターの捨て方

ガスを抜かずに捨てる

とくによく見かけたのが、ガスを抜かずにそのままゴミ箱に捨てられているライターです。

これが、燃えるゴミの中に入っていたりして万が一発火したらと思うと怖いですね。

ライターではないのですが、ガス管が収集車の中で爆発したというニュースをたまに見かけます。あんなふうにならないよう、ガスは必ず抜いて、自治体のルールに従って下さい。

(参考)ライターを捨てる!町田市と船橋市のルール

町田市のルール

「有害ゴミ」として捨てる

町田市のゴミ分別表を見てみると有害ゴミとして捨てるように書かれていて、必ず「使い切ってから」だすようにと書かれています。

https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/kankyo/gomi/gominowakekata/50.files/201604guide_ra.pdf

船橋市のルール

「可燃ごみ」として捨てる

船橋市では指定袋に入れて、可燃ごみとして捨てるよう書かれています。

また、

「使い捨てライターは、ガスを必ず使い切ってから、水に浸して、発火しないようにして出してください。」

やはり、ガスは使い切ってからですね。水につけるようにも書かれています。

http://www.city.funabashi.lg.jp/kurashi/gomi/005/p029559_d/fil/2016cal.pdf

 

 

ライターの捨て方まとめ

私が住んでいたまちや他のまちのライターの捨て方のルールを見てみましたが、分別に関してはそれぞれの自治体で随分違っているように思います。

どこの自治体でも共通するのは「ガスは使い切ってから出されるよう」に書いてありますね。

ただし、やっぱりガスは危ないなぁと感じますので、ガス抜きに自信がなければ、お住いの自治体に相談されて下さい

関連記事

-生活の知恵

Copyright© なるぶろ , 2017 All Rights Reserved.