なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

iPhone・PC・カメラ

M187ロジクールのワイアレスマウスの使用感

ロジクールのM187を購入して約1年経ちますので、感想などを書いていきます。

このワイヤレスマウスは比較的安価で小さくて軽いので旅行に持ち出しています。

 

スポンサーリンク
 

M187を選んだ理由

京都に1ヶ月ほど滞在していた時、ノートパソコンのPADがどうしても使いづらく、徒歩移動時でも軽いマウスとしてM187を選びました。とくに良かったのはこの4点です。

  1. ワイアレスであること
  2. 小さくて軽い
  3. 安い
  4. Unifying規格でも使える
  5. Macでも使える

私は京都のヨドバシカメラで買ったのですが店頭でも1000円程度で買うことが出来ます。

店頭で買う利点はやはり試すことが出来るということでしょうか。マウスはパソコンを使う時にほぼ常時触っていますので使用感というのはとても大切になります。特に今回は旅に持っていけるという条件があって小さいのを選びましたのでなおさらです。あまりに小さすぎて操作しづらいのであれば本末転倒ですからね。その点、店頭でも安く変えたのは良かったです。

スポンサーリンク
 

M187の外観と使用感

M187のスペック

無線 2.4Ghz
対スピード性能 インチ/秒 :  20
解像度dpi 1000
横 x 奥行 x 高さ 49.4 x 81.9 x 31.8
重さ 53.7
電池 単四形乾電池 x 1
保証 3年間無償保証

旅マウスとして大切なのは、そのサイズと重さなのですが、本当に小型のマウスらしく小さくて持ち運びするにはとても便利です。レシーバーも必要最低限の大きさしか有りませんので、旅行中はパソコンに挿しっぱなしにしています。

M187の外観

Logicool M187

とくに何の変哲もないマウスですね。

色は店頭購入はどうしても在庫の有無で限られていますが、通販でしたらブラック/ホワイト/オレンジ/ブルー/レッドの5色から選べるようです。

私は好みで白を選びました。白い部分は光沢があり綺麗ですが、サイドの色がちょっと気に入らないのも事実です。旅中でもたまにしか見ないので妥協です。

 

Logicool M187 正面

正面から見ても、何の問題もない普通のマウスですね。

クリック音は静かなところではカチカチと目立つかもしれませんが、充分に小さいです。

ホイールの回り方は、カタカタとした感じではなくスムーズです。ホイールのクリック音は左右のクリックよりも音は大きいです。

 

Logicool M187 レシーバー

USBのレシーバーはご覧のとおり最低限の大きさですので、旅中であれば常に挿しておいて問題ないのではないでしょうか?下手に外すと無くしてしまう可能性がありますね。レシーバーは使わない時には下の写真のように、マウス本体内に収納もできます。

 

Logicool M187 電池

裏側、蓋を外した状態です。

左上にスイッチが有ります。使わない時には写真のようにスイッチ下の赤色が見えるようにオフ状態にします。

このマウスは光学式になります。レーザー式やLED式がありますが、光学式でも全然問題有りません。

電池は単4電池1本で、パッケージに付属していました。これ、付属していない場合は別に一本だけ買わなくてはいけない事態になりがちで、とくに旅中ではホテルを出てまた買いに行かなくてはいけなくなりますので非常にありがたいです。なお、購入して1年経ちますがまだ電池の交換はしていません。旅用ですので使用はトータル50日程度×5時間だと思います。

大人の男性が持つには小さい

Logicool M187 男の手

私の弟さんに手タレになっていただき撮影しました。

ご覧のとおり大人の男性の手にはちょっと小さすぎます。いえ、だいぶ小さくて1時間も触っていても慣れるような大きさではなく、いつまでたっても小さいなぁと思い続けるしかないようなサイズです。ですが、さすがに1年くらい使っているとこんなものかと慣れてはきます。

女性にはぴったりなのかもしれません。

Logicool M187 男の手2

下から見た感じでも小さいですね。

長さで言うと、だいたい人差し指の長さで、テーブルにおいて使おうとすると、人差し指しかマウスにかかっていません。

1年使ってみての感想

その小ささゆえに、普段は使いたくないのですが、これが旅ともなるとその小ささが嬉しくなります。

私はキャリーバッグは使いませんので大抵リュックなどで移動しますが、それだけに荷物は軽さと小ささを優先します。そんなバックパックな旅にはぴったりなマウスだと思います。

旅マウス、もしくはメインマウスの予備としてのマウスでしたら利用価値はとても高く、ひとつ持っておいたほうが良いとオススメできるまうすです。普段使いでしたら、もっと手の大きさに有ったマウスを選んでくださいとアドバイスをします。

Anker 2000 DPI

ちなみに、メインはAnkerのゲーミングマウスAnker 2000 DPIを使っています。体積にして2倍位の差でしょうか。手のひらがほぼ全部マウスに乗り、手の付け根がピッタリとテーブルに付きますので全く疲れません。

 

おわりに

M187を買ってとても良かったと言える状況では有りませんが、予備として十分な機能を果たしていて、旅行に持っていくにも場所を取りませんので旅マウスとしては充分かと考えています。

もしM187が故障したり紛失したとしたら、再び買うかというと分かりません。このマウスを基準として選択したいと思っています。

スポンサーリンク

-iPhone・PC・カメラ