なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

iPhone・PC・カメラ

冬の星景撮影にも使えるUSBバッテリーAnker 2万100mAhコンパクトモバイルバッテリー

2016/09/02

hosi-top
 

星の撮影は結露が一番の敵ですね!

レンズを温めて対策をしましょう。
 

スポンサーリンク
 

冬の星空撮影にも使える!

Ankerから2万100mAhのコンパクトなモバイルバッテリーが発売された模様です。

こういう小型バッテリーの使い道といえば、通常はiPadやタブレットなどを考えると思うのですが、私などは冬の晴れた日の星空を撮影する時に使う、レンズヒーターに繋げたいと考えます。
 

冬の星空撮影

冬の星空を撮影するとき、大切になるのがレンズ表面につく露の対策です。とくにインターバル撮影を行うときは長時間に渡りカメラを空に向けますので、しばらく撮影しているとレンズ表面に露が付いて曇っていき、撮影した写真も徐々に白くなっていきます。当然こんな状態では星など撮影できるはずもなく失敗に終わります。
 

カメラレンズの露対策にはレンズヒーターを

ここで大切なのは如何に長くレンズを温めることができるかです。以前はレンズを暖めるために火のついた炭を金属の小さな箱に入れて付けていた時代もあったようですが、現在はたいていの方がニクロム線によるヒーターを使われています。

このヒーターの電源は車やバイク用の12Vのバッテリーだったりしますが、なかにはモバイルバッテリーを使用できるものが有ります。しかしいずれも容量が少なかったり、容量が多くなるとそれなりの重量になったりと扱いづらいものもあったりします。

今回発売されたAnker PowerCore 20100はその容量もそうですが、これまでの同容量のものよりもわりとコンパクトに作られており、電池自体もパナソニック製のセルが使われていますので安心感が有ります。


Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Galaxy / Android各種他対応 マット仕上げ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 (ブラック)

 

実際私がUSBから電源を取るヒーターを自作して使ったところ、思いのほか上手くいったことが有ります。私は出不精なので自宅のコンセントに繋ぐAC-USBからだけしか試しておらず、こういったモバイルバッテリーで使ったことは有りませんが、仕組みは全く同じですので外出先で撮影される方はこれはおすすめです。

関連記事

スポンサーリンク

-iPhone・PC・カメラ