なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

iPhone・PC・カメラ

楽天のスマホ本体割引キャンペーン。2万円以内の本体比較

楽天モバイルでは2016年8月1日まで、スマホ本体が安く購入できるキャンペーンが行われています。

この記事では、2万円以内で買うことが出来る機種を選定するために、スマホ本体を比較検討したものです。

 

スポンサーリンク
 

楽天モバイルのキャンペーンは2年ほど使える格安スマホを求める方のためにちょうどいい

私はこれまで2015年5月に購入したFREETELのPriori2(3G)を使っていたのですが、ROMが8GBしかなく、使いたいアプリがまともに入れられない状況が多々有り買い換えることにしました。

購入して丁度1年経った今回の楽天のキャンペーンは通話simだけではなく、データ専用のものでも適用されますので、2万円以内で1,2年使える「安い機種」を探している私には丁度いいキャンペーンかと思います。

 

スポンサーリンク
 

楽天のキャンペーン本体割引比較 2万円以内

2万円以内の本体の比較表

2016年8月1日までのキャンペーン対象本体の比較です。1年から2年の実用に堪えるものから選びました。具体的には、内蔵ROMは16GB、RAMは2GB以上のものです。それ未満のものは選んではいけません。

  arrowsRM02 ZenFoneGo ZenFone2 Laser ZenFone2 Desire626
一括価格 14900 9900 13900 19978 19978
メモリ(GB) 2/16 2/16 2/16 2/32 2/16
サイズ 5.0 5.5 5.0 5.5 5
カメラ 240万/810万 500/800 500/1300 500/1300 500/1300
電池 2,330mAh 3010 2400 3000 2000

 

2万円以内のスマホはどんなものか

2万円以内というと、ここにないものでもだいたい似たり寄ったりの性能になってきます。この中で言うと、唯一arrowsRM02が日本製のためにおサイフケータイ(NFC)に対応していくるらいでしょうか。もしおサイフケータイが必要であれば、選択肢は一つとなりますし、15000円を切る値段は他には有りませんのでお買い得と言えます。また、通話が必要でしたらやはり日本製であるarrowsRM02が良いです。

ZenFoneで目を引くのは、ZenFone2の32GBモデルです。2万円以下で32GBはどのメーカーを探してもこれだけですだと思います。普通の使いたかたをしていればメモリは2GBで十分ですし、アプリや音楽を沢山入れる方は32GBは必須です。私も当初はこれにしようと考えていましたが、色々見ているとどうもカメラなどの評判が悪くパスです。それに2万円弱というのは、1年前の機種と思うととくに安くもない価格です。

一方、ZenFone2 Laser(16GB)はカメラ機能が進化していて電池が交換できることから、長く使える機種だと思います。スマホの電池はだいたい2,3年もすると能力が落ちてきがちですので、交換できるかどうかは長く使いたいためには重要な要素です。ですが、実際にはメーカー純正のバッテリーは正式には発売されておらず、互換性のある物を使うことになります。あと、ZenFone2 LaserのGPSは無いものと思ったほうが良さそうです。価格は15000円を切っていますが、どうでしょうね。

ZenFoneGoは1万円を切っていますが、この中ではいい機種だと思います。ゲームもパズドラやツムツムやモンストなどでしたら問題有りませんし、艦これも大丈夫かと思います。問題は3Dゲームですが、3万円以下の機種にそんなものを求めるほうが間違っているといえます。電池が3010mAhありますので通常使いであれば充分に1日持ちますね。なお、こちらもGPSは当たり外れがあるようですが、ネットを探すと結構対策方法が見つかります。

ZenFone全般に言えるのですが、ZenFone独自のアプリが好きになれるかどうかで評価が変わってきます。しかし。それはあくまでアプリですのでPlayストアから好みのものを探して入れ替えればいいだけです。Android機ではそういうことが出来るのが魅力であります。またAndroid5.0からでしたら素のままのAndroidでも十分綺麗で使いやすいですね。

Desire626はなかなかいい機種かと思いますが2万円弱ということを考えると、ZenFoneGoとどちらが良いか悩みどころですね。CPUが1世代新しいと言ってもそれほどの差は感じられないと思います。もともとの価格差も1万年ありますので、やはり差はあると思いますが3万円弱の機種でしたらどれもあまり変わらないということを思うと、安さで選んでしまいそうです。

Zenfone Goを選んだ理由

今回の楽天のキャンペーンで私が選んだのはZenfone Goです。

  • 1万円以内
  • RAM/ROMが2GB/16GB
  • バッテリーが3000mAh以上
  • GPSは対策でなんとかなりそう
  • カメラは記録に使う程度

この中で一番気になるのがGPSです。どうもZenFoneのどの機種を見てもGPSが凄いという機種は見当たらずZenfonGoでも当然のように「なんかおかしい」というレビューが散見されます。

カメラについてはこれくらいの価格でのカメラ機能は記録程度に使うのが良いですし、SNSでしたら充分です。カメラ性能を気になられるならハーウェイのP9かP9liteが良いかと思います。もしくは、やっぱりiPhoneですね。

iPhoneの場合、ドコモ仕様もしくはsimフリーの場合は楽天のsimでも使用可能です。

 

安いスマホ選びは1年1万円が基準で良いのではないか?

今回、1,2年で買い換えるつもりですのでZenFoneGoを選んだのですが、これが3年以上使うとなると話は別です。また、スマホに使えるお金に余裕が有る場合でも3万円以上もしくはiPhoneを選択したと思います。

3万円以内の機種、もっと言うと2万円以内の機種では必ず妥協が必要ですし、それはカメラ性能であったりGPSの精度だったりします。また、大抵の場合、日本のメーカーでは有りませんね。

ですが、格安スマホでも十分に使えますので、それほど気になされない方には充分かと思います。ちなみに私は、ガラケーとの2台持ちです。

 

関連リンク 【楽天モバイル】

 

スポンサーリンク

-iPhone・PC・カメラ