なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

宇宙・航空

2016年のスーパームーンは11月!スマホでの撮影について

2016/01/21

月が何だかいつもより大きい

2016年もスーパームーンを見ることができます。

その見どころと、何時くらいが一番見やすいかを解説します!
 

スポンサーリンク
 

2016年のスーパームーンは11月14日!

2016年のスーパームーンは11月14日になります。

そして、ここから1年以上スーパームーンを見ることが出来ません…
 

2018年のスーパームーンは元旦

2017年はスーパームーンは無く、2016年の次は2018年となるのですが、この年のスーパームーンは1月1日。つまり元旦となっています!

これは極めて珍しく、そして縁起がいい事この上ないですね。
 

スポンサーリンク
 

スーパームーンの撮影はどうしたら良い?スマホiPhoneで大丈夫?

まずは写す場所を考える

スーパームーンをスーパームーンらしく撮影するには、空に浮かぶ月そのものだけを写してもあまり効果はありません。後で見返したところでただの月としか思わないものです。

ではどう写したらいいかというと、地上にあるものと一緒に撮影します。たぶん、スーパームーンに興味を持たれた方はビルの合間の大きな月の写真を見られたことがあると思いますが、まさにあんな家事いでになるのが理想です。

いつもより月が大きいぞと分かるように写すと、あとで見た時にとても印象的な写真になります。
 

スマホiPhoneでの撮影の仕方。少しだけ設定

月は、他の星たちよりとても明るい天体なので、一眼レフカメラでしたら比較的撮影しやすいのですが、スマホの場合は望遠レンズはありませんし、デジタルズームも限界がありますので、ちょっとだけコツが有ります。

もしお使いのカメラアプリに設定の項目がありましたら
 

・撮影シーンはオートか太陽
・露出補正は-2か-3
・isoは100
・ズームはお好み
 

これだけで、結構写ります。
何故こんな感じにするかというと、月は明るすぎますので、カメラがそれに合わせてしまって周囲が真っ暗になってしまうのです。そこで、あまり明るく映らないように、上のような設定をします。
 

カメラアプリによると思いますが、一度閉じれば元に戻ると思いますので、月を撮影されるときには安心して試してみてください。
元に戻らなければ、設定リセットという項目もあると思いますので、そこを押せば大丈夫です。
 

ただ、スマホって結構、広く写せるようになっているんですよね。広く写せる分、ひとつひとつが小さくなってしまいます。ですので、ぎりぎり許せる範囲までズームして写すとより良い感じに写せるのかなと思います。
 

スパームーンの動画と写真

ちょっと凄すぎて参考にはならないかもしれませんが、美しいスーパームーンの写真をいくつか…

世界中で撮影されたスーパームーン

super01

出典:https://pbs.twimg.com/media/CP_Rgi8UcAUORsY.jpg twitter

 

super02

出典:https://pbs.twimg.com/media/BNcaNQgCAAAq8K1.jpg twitter

ブラジル

 
super03

出典:https://pbs.twimg.com/media/B9tLliMCQAALroT.jpg twitter

こちらはNYみたいです
 

スーパームーンの動画

スーパームーンの月の出です。
月の出を見ることはあまりありませんが、こうやって上る満月を見ると何だか幻想的な感じがします。
 

 

スーパームーンの動画を編集されたものです。世界各地の様子があって見応えがあります!
 

スーパームーンって一体どうやって起こるの?原因は?

スーパームーンを見たり撮影したりする場所を選んだら、少しだけその仕組みを知っておくとより楽しめます。そこで、何故スーパームーンが起こるのか、月食と関係有るのかを開設します。
 

なんで月が大きく見えるのか?

スーパームーンが何故あんなに大きく見えるかというと
単純にいつもより地球に近い位置に月が来るからなのですが
どれくらい、いつもより近いか調べてみました。

平均公転距離というのがあって、これは地球からどれくらい離れて回っているかという数字です。

それが384,400kmとなります。

ところで、同じスーパームーンでもより地球に近づくエクストラスーパームーンというのがあって、前回は2011年で、次は2016年の11月です。そのエクストラスーパームーンの時の地球との最短距離は

2011年 356,577km
2016年 356,511km
2018年 356,570km

こうなっていますので、いつもよりも約3万キロほど地球に近いということになりますが、こう書いてみたものの、よく分かりません(笑)

地球の円周が約2万キロだったと思いますので、その1.5倍位近づいたと覚えておくことにします。覚えなくてもいいんですけどね…

 

お空を見よう!

普段生活していると、なかなか夜の空を見る機会がありませんね。私もいつもせわしくて、ゆっくり出来る感じではありません。

でも、せっかくこういう機会があるのですから、たまには夜空を見上げて、何かに浸るのもいいなと思いました。
 

スポンサーリンク

-宇宙・航空