生活の知恵

生活の知恵や裏技をご紹介

年中行事

七夕で食べるものは「そうめん」。実は人の想い願いが込められたものでした

投稿日:

七夕には「そうめん」を食べる風習がありますが。ここではその理由を書いていきます。

その歴史は古く、平安時代より続いています。当時の、七夕に食べるそうめんに込められた願いはどのようなものだったのでしょうか。

少しだけ紐解いてみます。

スポンサーリンク
 

七夕でそうめんを食べる理由と由来

七夕にそうめんを食べるようになったのは平安時代くらいから

七夕でそうめんの元となる索餅-さくべい-(別の名を索麺(さくめん))というお菓子を食べるようになったのは、今の中国がある大陸、いつの頃か判りませんが少なくともこのお菓子が日本に伝わってきた奈良時代よりも昔のお話です。

話によると
「索餅が好きだった、帝の子供が7月7日に亡くなり、後に鬼となり出現して街に熱病を流行らせてしまいました。人々は鬼の心を鎮めるために好きだった索面をお供えした」

そうです。

 

索餅は奈良時代に日本に伝えられ、平安初期には宮中でも七夕などの行事が執り行われ始めました。そのころ、宮中でも故事にならい、熱病避けを祈願して索餅を食べ始められたようです。

索餅の索-さく-は、縄をなうという意味がありますので、今で言う「ねじりドーナッツ」みたいな形でしょうか、それは子供が好きになるはずですね。

スポンサーリンク

 

実はこの索餅(索麺-さくめん-)は江戸時代には姿を消したとも言われています。現在は奈良などで「しんこ菓子」として形が変化しながらあるようですが、私達が食べるそうめんとは違った形です。

名前自体は索麺-さくめん-が変化して「そうめん」となっていますが、形も食べ方も、もしかしたら当時と現代では全く違うのかもしれません。でも、その思い

「熱病になりませんように」

という願い事は今も昔も変わらず生き続け、そうめんとして形は変わっても、人々の思いのこもった食べ物ということになっています。

★余談★

平安初期の頃から七夕の日に索餅を食べられていたということは、清少納言や紫式部、そして源氏物語の光源氏、藤壺の宮、若紫なども七夕になると願いを込めて索餅を食べられたのですね。

七夕の彦星と織姫の出会い、宮中の十二単などの華やかさなどなど、ちょっとキラキラした思いを想像しながら、七夕の日を過ごすとなんだかより特別な日に思えてきます。

特別な日の食べ物は、当時の風習や物語を思い起こさせるものだと思いました。

※願いを込めて説を書いていますが、索餅が食べられるようになったのにはもうひとつ説があり、それは庶民の間では既にに節句毎の特別な食べ物として七夕に食べられていたのが宮中でも食べられるようになったという説です。

 

スポンサーリンク

 

七夕に食べたいそうめん簡単レシピ

そうめんそのままだと見た目も栄養的にもちょっとさみしいものですね。

彩りも考えてレシピを紹介します。

冷麺風そうめん

材料

  • 茹でたまご
  • 豚肉 しっかり茹でたもの
  • きゅうり 細切り
  • キムチ ざっくり切ったもの

こんな感じですね。材料を揃えて盛り付けるだけで出来上がりです。

さらに、季節も野菜である、トマトやオクラなども合わせると栄養や彩りがよくなりそうです。夏野菜は色々とありますので、工夫されて下さい。

スープや漬けダレはお好みで、出汁などで大丈夫のようです。鰹出汁だとあっさりして良いのですが、食欲が無いときにはちょっと刺激があるものでも良さそうです。

そうめんチャンプルー(簡単レシピ)

七夕の梅雨の頃は雨で寒さも感じたりもしますね。

そんなときは、暖かい「そうめんチャンプルー」はいかがでしょうか

参考にこの動画をお借りしましたが…私のおすすめレシピを書きます。

材料はお好みで

  • そうめん
  • 豚バラ
  • ゴーヤ
  • 人参
  • ニラ
  • 醤油、豆板醤などの調味料
  • ごま油
  • 鰹節
  1. まずは、「豚バラ」と「ゴーヤ」「人参」「ニラ」を炒めます。
  2. そうめんを茹でて水切りをしたあと、ごま油と混ぜます。
  3. 1と2をフライパンで混ぜ合わせ、お好みで調味料を入れます。
  4. 鰹節をかけて出来上がり

ソーメンを茹でたあとは、炒めるだけですので簡単にできて暖かくて美味しくておすすめです。

まとめ

七夕に食べるそうめんには意外な深い歴史がありましたね。

ただ、そのような歴史を知らずとも、あっさりとして美味しい素麺はこの季節にぴったりなものとして、普段から食べるのも良いかと思います。

いろんなレシピがありますので、美味しく料理して食べてしまいましょう!

関連記事

-年中行事

Copyright© 生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved.