なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

ダイエット・美容・健康

爪水虫と思ったらすぐに治療を!爪水虫の原因と症状。

2016/10/18

とっても不快な、爪水虫についてまとめました。

とくに夏は靴下を履かない生活になることが多いために、足のトラブルに目がいいくことになります。

そんな時こそ、頑固な爪水虫の治療をするチャンスです。

 

スポンサーリンク
 

爪水虫とは?

爪水虫かも知れないと思われた時は、すぐに皮膚科を受信されてください。爪水虫の場合、先に水虫にかかっている方が少なくないそうですので、水虫と思ったら爪水虫も疑ったほうが良いかもしれません。

 

爪水虫の症状

爪が褐色になったり黄色に変色します。また、でこぼこに変形し、症状が進むと厚みを増し色も白濁してきます。さらに、爪がもろくなり砕けることも有ります。

爪水虫の症状には痒みがないため、気づきにくいかもしれません。もし水虫を患っていましたら爪水虫にもなっている可能性がありますので、放っておかずに皮膚科を受診されて下さい。

 

爪水虫の原因

爪水虫は感染症です。長く水虫を患っている方の足にいる白癬菌が爪の中に入ってしまい、爪水虫になります。つまり、通常の水虫に罹っていると感じたらすぐに受診し早めに治療を開始された方が良いということになります。

 

スポンサーリンク
 

爪水虫の治療と予防

爪水虫の治療

爪には薬が浸透しにくいので、内服薬を飲む治療になります。完治までは個人差が有りますが、半年から1年は見ておいたほうが良いです。

もし爪が変形するほどの症状の場合は、元に戻るには爪がゆっくりと生え変わる時間も有りますので、長い目で見たほうがいいですね。

ま た、爪水虫の方は殆どの人が足水虫にも感染しています。ここで怖いのは、足水虫の治療だけをしても、ダメだということです。なぜなら、白癬菌は共通なた め、足水虫を治療して治ったと感じても、爪水虫が完治していない状態だと、爪の方から足の方に白癬菌の一部が移り再び足水虫になってしまいます。

つまり、爪水虫と足水虫は同時に治療した方がいいです。

 

爪水虫を予防するには

足水虫からの感染がおおいですので、まずは足水虫にならないように気をつけること。そして足水虫に罹っていると感じたらすぐに治療を開始されることをお勧めします。

 

まとめ

一度かかると治療が長引いてしまう水虫。さらに爪水虫にもなって放置してしまうと、歩くのにも痛くて苦労するようなことになります。できるだけ早く治療したいですね。

 

足の関連記事一覧 足のケア足のトラブル対処記事一覧 様々な足のトラブルや足や足の爪の手入れについてのまとめです。
スポンサーリンク

-ダイエット・美容・健康