なるぶろ

生活の知恵やイベントまとめ!

スポーツとオリンピック

【五輪】柔道の勝敗は一本、技あり、反則負け、不戦、棄権。有効や効果は廃止されています

更新日:

東京オリンピックで採用されている、柔道競技の勝敗の決め方です。

-概要
競技
時間
本戦:男女ともに4分間
ゴールデンスコア:時間制限なし、1本、技あり、指導3回などで勝負が決まるまで
勝敗1本
1本(技あり、合せて一本)
本戦4分での技ありが多い方
抑え込み10秒で技あり
抑え込み20秒で1本
相手の反則負け
指導累積三回で反則負け
反則負けは1回での反則負けあり
「不戦勝ち」及び「棄権勝ち」
など

参考:国際柔道連盟試合審判規定

◆第13条 試合の終了◆の項に詳しく書いてあります。

注意点としては

  • 棄権勝ち、治療について
    同一箇所の治療(止血)は2回まで。3回目は棄権となり相手の勝ちとなります。
  • 有効や効果はありません
  • 指導の累積2つまではゴールデンスコアにも持ち込まれますが、勝敗には関係ありません。3回の指導で反則負けになります。

関連記事

-スポーツとオリンピック

Copyright© なるぶろ , 2021 All Rights Reserved.