なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

宇宙・航空

使徒襲来の日に名古屋に飛来したB787初号機ラストフライト

2016/09/12

640px-787_First_Flight
787 First Flight photo:Dave Sizer (Flickr)

エヴァンゲリオンファンなら知っていてあたり前(?)の2015年6月22日、使徒襲来の日。使徒が現れる代わりに、愛知、セントレア空港にはある飛行機が飛来しました。

スポンサーリンク
 

これは物語ではない現実なのだ


 

ボーイング787 ドリームライナー飛行試験機(ZA001)がセントレアに飛来しました。奇しくも今日はエヴァンゲリオンにおいて初めて使徒が襲来した日。ただし、両者は何の関係もなくただの偶然です(そう思いたい)。
 

スポンサーリンク
 

なぜB787初号機が日本に来たのでしょうか?

寄贈されたB787

B787初号機のラストフライトはシアトルのボーイング・フィールドからセントレアとなりました。どうしてボーイング社からセントレアへの飛行となったのでしょうか。
 

B787は2011年10月にANAが世界で初めて営業運行を行った機種であり、なによりこの機体の構造体の1/3は中部地方で生産されています。また、日本でのテスト飛行では羽田を拠点にしセントレアをはじめ各地を往復したようです。

日本、そして中部地方に馴染みの深いエヴァB787初号機は、今回、ボーイング社からセントレアに寄贈されました。今後、機体の展示をどのようにするのか検討されるそうです。
 

ちなみに、B787-2号機と3号機は既にアメリカの博物館に展示されていますが、この機体だけはボーイング社が所有したままになっていたようです。
 

セントレアでの歓迎

歓迎放水も行われました!


 

B787初号機
おかえりなさい、そしてお疲れ様!
 

今回寄贈されたB787(ZA001)の動画

やはりかっこいいですね。
 

盛り上がるセントレア、その一方…

使徒が来なかった第3新東京市では。
 

 

その数カ月後…

襲来してた

 



ボーイング787まるごと解説 21世紀にふさわしいハイテク中型旅客機“ドリームライナー”の開発から就航まで (サイエンス・アイ新書)

 


スポンサーリンク

-宇宙・航空