なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

生活

ひとり超零細自営業の私はMFクラウド確定申告の無料会員で充分か?

2016/06/19

私は自宅で物を作って売ったりしてご飯を食べているのですが、こんな零細な自営業を営んでいる私でも確定申告のために記帳をしています。
 

記帳は面倒さがあるのですが、何より大切な控除がありますし結構生活に関わってくるので、お仕事の一環としてやったほうが絶対に良いと思います。

でも、毎日になると辛いのも事実です。そこで私はネットで完結できそうなもののうち「MFクラウド確定申告」を選びました。
 

スポンサーリンク
 

ひとり零細自営業のクラウド会計は楽で安くて安全が選択基準

kaieki2
 

私がMFクラウドを選んだ理由はいくつかありますが、その時に比較したものにfreeeややよいがあります。とくにfreeeはブロガーの方がよく勧められていたということで、良いかなと思っていたのですが、色々と比較検討してMFクラウドの方を選びました。
 

私が会計サービスを選ぶ基準

・安い
私みたいな零細となると、1ヶ月1000円だとしても年間に1万円以上になるので躊躇してしまいます。月に500円もしくは無料で出来るならそっちのほうが良いです。
 

・安全である
一般向け、企業向けに関わらずクラウド会計ソフトは銀行口座との連携を売りにしているのですが、この安全性がどう担保されているかがとても大切だと思います。かと言って、セキュリティは万全であるとは言い切れないのがこのご時世。国の機関でさえ難しい場面に立たされますので、過度に頼らないというのを基本姿勢とした方がいいと思います。
 

・入力が簡単
大切です。本当に大切です。ノートに記帳していた時、もっと楽にできないかと悩んでばかりいました。通常の業務に追加するのですから、より楽に感覚的にできることが大切です。
 

基本的にはこの3つで比べてみてMFクラウド確定申告にしました。名前に確定申告とあるのでfreeeなどと比べてちょっと敷居が高いように感じるのですが、実際使ってみるとユーザーの事をよく考えられていると感じます。
 

MFクラウド確定申告とfreeeのやよいの青色申告の比較..

上記の基準を元に、実際に会計で使う事柄を足して比較してみました。

が…

価格の面での選択肢は
MFクラウド確定申告 無料版
freee お試し版  無料
やよい青色申告 無料体験プラン

この3つです

このうち、「freeeお試し版」と「やよいの青色申告 無料体験プラン」は実質的に年間を通しての記帳ができず、また、申告書が作れません。有料版に移行する前に1,2ヶ月お試しとして考えるなら良いと思います。いえ、むしろお試しはやっておいたほうが良いです。その上で使いやすければそれを使っていきましょう。

やよいの青色申告 無料体験プラン
 

会計ソフトfreee
 

今回MFクラウド確定申告も元々お試しとしてつかいましたが、零細な私にとっては充分だということが解りました。
 

やよいの青色申告にはセルフプランという安いプランもありますが、これはメールサポートさえ無いようですので除外した方がいいです。操作等わからない時に聞けないと本業にも支障が出てしまいます。ベーシックプランとの4,000円の差は、本業で頑張りましょう!
 

スポンサーリンク
 

MFクラウドを選んだ理由

・フリープランでもとりあえず大丈夫そうだった
私は手作りのものを売っているのですが、零細すぎて仕入れも販売もあまりなく、仕分けが月15件でも充分でした。ただし、この15件から1件でも増えると入力ができなくなります。
 

データ保存期間が無制限
freeeとやよいは1ヶ月と2ヶ月のために、年間を通しての記帳ができません。有料移行前のお試しということになっていました。
 

サポートが付いている
30日間だけとはいえチャットサポートが付いてくるのは凄いと思います。一番わからない時期に心強いです。また、電話サポートはないもののメールサポートはずっと使えるようです。
 

青色申告のための書類が作れる
ここ大切です。freeeの場合、個人事業では作れないと書いてあります。やよいの方はプレビューのみとの記載があります。というわけで、書類が作れるのはMFクラウドのみでした。
 

金融機関との連携については、freeeもやよいも同レベル
金融機関との連携は各社充実していますので、どこを使っても問題は有りません。重要なのは事業で使っている金融機関があるかどうかですね。国内であれば、大抵大丈夫かと思います。
 

という理由で、無料で使いたいならばMFクラウド確定申告一択になってしまいました。もし私よりも取引量が多い方でしたらそのまま有料プランに移行しても年間8800円となり、freeeの9,800円、やよいの青色申告の12,960円より安いです。ただ、やよいの場合は1年目に限ってはキャンペーンが行われていることが有ります。
 

MFクラウド確定申告の仕分け15件はすぐに訪れる

そう、それれは一瞬だと思います

無料版の弱点はそれぞれあります。上に書きましたとおり、やよいとfreeeは1ヶ月2ヶ月おお試し版です。MFクラウド確定申告については一年を通じて使えます。しかし…きつい縛りが有ります。それは
 

月間仕訳数が15件しか無い
 

つまりどういうことかというと、その月の銀行の入出金が15件あればそれで終わりであり、また、ちょっとした買い物をしたら合わせて15件はすぐです。1ヶ月2ヶ月という縛りのほうがいくらかましだということが解ります…
 

それでも、わたしがMFクラウドを選んだのは、私の事業が極めてシンプルだからであり、銀行の入出金が月に5回ほどしか有りません(家計用の出勤と他数件だけ)。とはいえ、来月(2016年3月)には有料版に移行するつもりです。。
 

どのクラウド会計を選んだとしても、無料版は事業には向かないといえるでしょうね。
 

まとめ

ここまで長くなってしまいましたので、実際の使用については後日書きますが、正直なところ使い勝手がどうかというのは個人個人の感覚に依るところが多いですので、クラウド会計をお試しになりたい方は、各社の無料プランに登録されてみてご自分に合うか試されたほうが絶対いいです。
 

ここまで書いてきてあれですか

選択基準をもう少し考えました。この際、無料がどうとかというのはもう考えないほうが良いですね。クラウド会計の簡便さを考えると日々の業務にとって如何に必要なのかが解ります。
 

新たな基準は
 

やよい会計を使われていた方ならば「やよいの青色申告」が良いです。使い慣れているというのは、業務をスムーズに進めるためには極めて大切なことだと考えます。
 

これから個人事業主として青色申告もしていきたい方は「freee」か「MFクラウド確定申告」となるのですが、正直どちらでも良いと考えています。

これは、上に書いたように自分がどちらが使いのかによります。ただ、操作性はどちらも秀逸で、習熟したあとは変わりはないと考えられます。あとは、見た目とかそういうものですね。そのために、まずは無料登録をしてお試しされたほうが良いです。
 

会計ソフトfreee
 

MFクラウド確定申告
 

 

個人事業主の皆様のクラウド会計選びのご参考になればと思います。
 

スポンサーリンク

-生活