生活の知恵

生活の知恵や裏技をご紹介

生活の知恵

シバンムシ駆除と対策方法まとめ

更新日:

気づいたときには大量に発生している

シバンムシ・タバコシバンムシの駆除方法と発生させたいための原因と対策をまとめました。

小さな虫が沢山いるのを見ると、背筋が凍るように気持ち悪いですね。さっさと駆除して、出来る限り発生させないような対策をしておきたいところです。

スポンサーリンク
 

シバンムシ駆除の方法

シバンムシの駆除方法

殺虫剤などの薬品で駆除するのが一番早いのですが、2点注意することがあります。

  • 食品に殺虫剤が触れないようにする
  • 子供の届かない所に保管しておく

これはとても大切ですので、覚えておかれて下さい!

スプレー殺虫剤による駆除

シバンムシをスプレー殺虫剤で駆除している様子

明らかに目の前にシバンムシがいる場合、手っ取り早くスプレー殺虫剤で駆除するのが一番早いです。そのあと、掃除機で捨てましょう。

スプレー殺虫剤はスーパーやホームセンターで売っているもので十分かと思います。私もそれで駆除していました。

ただ、飛んでいるシバンムシを落とすには至りませんので、その場合は捕獲してスプレーしましょう

 

燻煙剤(バルサン)による駆除


(Amazon)

沢山のシバンムシの発生がある場合、室内の至る所にいる可能性があります。その場合は、バルサンなどの燻煙剤で一気に駆除するのがおすすめです。

注意点としては、食品は部屋から出しておくことですね。

燻煙剤での駆除では、煙があまり回らないような場所に潜んでいた場合には、効果が薄いです。

私の場合もバルサンで駆除しようとしましたが、潜んでいたシバンムシは生きていて動いていました(スプレーで駆除しました)。

 

おすすめは、「バルサン いや~な虫 不快害虫用」です。わりと何処にでも売っていて手軽ですので、これでさっと駆除してしまいましょう。

 

捕虫器(光で集虫)での駆除

シバンムシの成虫は羽を持っていて飛びます

そして、この虫も光に集まる性質を持っていますので、コンビニなどで見かける「虫を光で寄せて駆除する」捕虫器での駆除ができます。

一般家庭ではあまり見かけない光景ですが、こういう方法もあると知っておかれるといいですね。

 

潰す…

沢山潰した経験がありますが、やめたほうがいいです…。

床などに中身が出てシミになってしまいます。

 

害虫駆除業者への依頼

虫駆除の業者さんに依頼

害虫駆除業者への依頼が一番確実なシバンムシ駆除の方法かもしれません。

一般の家庭、とくに一軒家でのシバンムシの発生源は結構わかりにくかったりします

発生源が室内の分かり易い場所だったらなんとか探せると思いますので良いのですが、わからないままだと発生源を取り除くことができないために、毎年シバンムシを見てしまうことになりかねないですね。

駆除業者への依頼は最後の手段…と言ったところですが、どうしても虫が出てきてしまう場合は考えられても良いかと思います。

それと、畳での発生の場合は駆除しにくいので駆除業者さんに相談してみた方がいいようです。

 

スポンサーリンク

 

シバンムシを(大量)発生させないためにすること

シバンムシとは何処で発生するのか?

シバンムシ・タバコシバンムシの動いている映像です。気持ち悪いのでおすすめしません。関連動画には集団でいるシバンムシの映像もあったりしてゾクッとします…

こんなシバンムシが良く発生するのは

  • 乾燥した食品
    そうめん・小麦粉・コーヒー・椎茸などなど
    ペットフード
  • 乾燥した植物
  • 建材

これら、乾燥した植物で発生します。とくに、身近にある食品である小麦粉なども発生源となっていることに注目です。

こんな身近なものからも発生してしまいますので怖いです…。

食品から発生した場合は、その食品は破棄しましょう。

卵を産んでいるかもしれませんからね…。

 

発生を抑えるにはこういった乾燥食品は袋を開けたら放置するのではなく、例えば

  • 乾燥食品は密封して保管

などの対策をすることで、大量発生を未然に予防することが出来るようです。

建材や畳などは、もうどうしようもない場所かもしれません。バルサンで退治しましょう。

シバンムシ駆除まとめ

シバンムシ駆除は

  • スプレー殺虫剤
  • 燻煙剤(バルサン)
  • 捕虫器
  • 駆除業者にお願いする

この4つが現実的ですね。とくに、とりあえず早く駆除するには、スプレーとバルサンによる駆除が良いようです。

どうしても発生源がわからない場合は業者さんがいいですね。

シバンムシは集団で固まっていることもあって、見つけた時は本当に気持ち悪いものです。さっさと駆除してしまいましょう。

もちろん、発生源をなくすことも大切です!

 

関連記事

-生活の知恵

Copyright© 生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved.