なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

生活

懐紙の選び方・折り方・使い方

2016/09/09

お茶を習われている方でしたら、最初に購入されるもののひとつに懐紙がありますね。私も一番最初に購入したのが懐紙でした。

最初は無地を購入しましたが、少しづつに遊び心が付いてヒヨコや鈴柄のワンポイントのものをこっそり使ってみたりと、一時は懐紙コレクションが出来るほどでした。

この記事では、そんな懐紙の選び方・使い方など懐紙に纏わるあれこれを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

懐紙の使い方は沢山!

懐紙は、その名前の通り、着物の懐にいつも入れておくものでした。さっと取り出し、さっと使える便利なもので、紙ですので使ったあとも捨てるのは簡単です。御茶会の席では、使用した懐紙はギュッと畳んで男性だと袖口に入れておきます。

懐紙は、その昔は詩を書いたりと用途に制限なく使われていて、生活に密着したものだったようです。今では、お茶の席だけしか使われない方も多いようですが、実は様々な場面で使うことができます。

例えば、一筆書きやちょっとしたメモ書き、懐紙は言ってみればただの紙ですので物を書くのに適しています。また、和食の席には是非懐紙を持っておくと便利に使えます。何かをお皿からこぼしてしまった時は勿論ですが、魚を食べる時、骨まで口に入ったらそのまま出すとどこか恥ずかしい…そんな時に懐紙に包むと安心です。和装の時はとくにお持ちになると良いかと思います。

また、一番のマナーとして、心付けをお渡しする時に、現金をそのままでしたらどこか下品ですので、懐紙に包んでお渡しされたほうがいいですね。

スポンサーリンク
 

懐紙の選び方。お茶会や普段使い

懐紙を選ぶ

初めての懐紙は、たぶんお茶の席にお誘いを受けた時、またはお茶を習い始めた時だと思います。お茶の席では懐紙はとても大切な役割を持っていますので、とくにお誘いを受けた時には忘れてしまわないようにお気をつけ下さいね。

最初に買う懐紙は、無地の真っ白のものが良いです。

無地でしたら季節感は有りませんので、お茶会の席でも問題なく使うことができます。また、少し慣れてきましたら、浮き彫り模様といわれる、押し型で模様をかたどられた無地の懐紙も良いです。季節ごとに変えられると楽しいかと思います。

お茶会の席は無地が無難ですが、普段使いでしたら、気に入った柄が入ったものでも良いです。せっかくなので、和柄のものをおすすめしますが、可愛いと気に入ったものをお求めください。

懐紙の値段は大抵500円ほどですので気軽に購入することができます。

懐紙入れを選ぶ

懐紙を選ぶのと同じく、懐紙入れもお気に入りを持っておきましょう。お茶のお稽古の席では各流派に沿ったものをお勧めされますので、そちらはそれを使うとして、普段使いであれば、下品にならない程度で、思いっきり趣味でいいかと思います。

和装でしたらお着物にあったものが良いですし、洋服でしたらお気に入りのものをお選びください。

懐紙の折り方

懐紙は折形をもとに

とくに心付けをお渡しする時に懐紙で包むのですが、包む時には「折形」を元に折られると良いかと思います。

折形は贈る心、挨拶の心を形にした昔から伝わる折り方、礼法です。和紙でお金を包む時などはこの礼法を知っておかれて、お相手にお気持ちを伝えるようにされてください。

折形は礼法ですので吉凶を大事にします。

お金を包む時の折り方
懐紙は縦長で裏面の中央にお金を置きます。左側からお札に添って折り曲げ、右側を折る時は、左端を僅かに残します。この、わずかに残すというのも「吉」を現すものです。

次に、左右に裏返して天(上側)からお札に添って折り下げ、地(下側)から織り上げます。折り曲げましたら、下から織り上げた懐紙の一番上の一枚を広げ、上から曲げた部分を差し込みます。

お渡しする時は、上側をお相手に向け、折り面を見せないように渡します。

折る時は吉凶を忘れずに

白無地の懐紙で包むのでしたら気にされるので大丈夫ですが、柄物の懐紙でしたら少し注意が必要です。ありがちなのが、柄をよく見せたいために「吉凶」を忘れてしまうことです。

上にも書きましたが、懐紙でお金を包む場合、折形の「右手前、地から天に折上げる」これを忘れられないようにされてください。

これさえ忘れなければ、柄を綺麗に見せることが出来るように工夫されて折られると良いです。季節感のある懐紙でしたら、お心が伝わるかと思います。

様々な折り方

懐紙には、数えきれないほどに多くの折り方があります。大切な方にお渡しする時に折る「折形」は覚えておかれると、とっさの時に便利です。

その他の場合は、懐紙の柄を綺麗に見せられるように折られると大丈夫かと思いますが、例えば、コースター代わりに使ったりするときも、下から折り上げる「吉」を意識されると解って下さる方ににはとても喜ばれると思います。

懐紙は便利なもの

懐紙はお出かけの時など普段使いの様々な場面でとても役に立ちますね。お礼を渡しするときの包みとして使えますし、メモにも使うことができます。また、クッキーなど食べ物を包んでも大丈夫です。

大切なハンカチで拭くのに躊躇する時にはティッシュよりも丈夫な懐紙が役に立つ場面が多くあります。

懐紙というとお茶の席というイメージが有り、普段なかなか使う方が少ないのですが、日本古来から伝わる便利な懐紙ですので、是非、様々な画面でお使いください。

スポンサーリンク

-生活