なるろぐ

生活の豆知識やイベント情報、ガジェットのことなどをお届け!

とらべる

勝山左義長まつり2017の日程と見どころ!楽しくて毎年行ってました!

2016/09/02

勝山左義長まつりの情報です。

福井県勝山市でも1年でで1番寒い時期に行われるお祭りは奇祭としても知られています。私は、一時期毎年のように行っていたことがあり、毎年楽しませていただきました。

そんなさぎっちょまつりが、今年も行われます!

→今年も行ってきました。

 

スポンサーリンク
 

勝山左義長まつりはどんなお祭り?

お祭りの場所と開催期間


平成28年の日程は
2月27日(土)、28日(日)です!

毎年2月の最終土日に行われています。

場所はもちろん、福井県勝山市ですね

えちぜん鉄道勝山駅を降りて、駅前のロータリー横を橋の方に行き九頭竜川を渡ると、大通りにお祭りが見えてきます。その一帯がお祭りの会場となります。

リオオリンピックで活躍されたバドミントンの山口茜さんは、ここ、勝山市のご出身です。行くといつも話題になっています。

 

スポンサーリンク
 

見どころ

見どころはいくつかありますが、メインとなるのは屋台の上で踊る左義長太鼓と毎年の作り物、そして川柳のほか沢山あります。
 

勝山左義長の浮き太鼓はおじさんも赤襦袢を来て踊り狂われる


 

勝山左義長まつりが奇祭と言われる所以は、この屋台の上で太鼓を叩きながら踊る人たちですね。これを「浮き太鼓」といいます。私が初めて勝山左義長まつりに行ったのは2009年ですが、最初見た時は一体何なのかさっぱり分かりませんでした。

だって、男性が女性用の赤襦袢を来て酔っ払ったように(実際酔われている方も?!)、太鼓叩きながら踊り狂われているのです。でもそこから、ハマってしまい、九州から毎年この時期に行ってしばらく滞在していました。

ここ数年は、私は職を変えましたので行けませんでしたが、2016年は行く予定です!
 

ちなみにですが、椎名誠さんが著書に勝山左義長まつりのことを書かれています。実は一度だけですが、お祭りの時に椎名誠さんを見かけましたよ!
 

作り物はよくよく見ないとわからない造形!

tsukurimono01

http://sky.geocities.jp/senbei551/sagicyo/sagicyo2013.html

 

その年の干支をモチーフにして、日常にある様々なものを駆使して置物が作られます。

この写真の年はたしか蛇年だったためにこんなふうに写真ではよくわからなくなっていますが、いつもはもっと立体的です!

いつも、きちっとした干支の造形ではなく、「あ、なんとなく蛇だ!」と「かなんとなく猿に見える」という感じで、そのなんとなくに気づいた時が面白いです。
 

左義長川柳は時勢を詠う人の想いを汲もう

tourou

http://sky.geocities.jp/senbei551/sagicyo/sagicyo2013.html

 

その時代、その年を現した川柳は全国から募集され、灯籠として飾られます。

政治や芸能、日常のことまで様々なことが題材とされていて、中にはちょっと辛辣なものがあったり、笑えるものがあったりして読んでいると楽しいです。

川柳の募集は大体前年の9月頃から募集され、集まった川柳から選ばれたものは、勝山のまちの人達によって灯籠にされていきます。その時に、川柳にあった絵も描かれますのでそれも面白いです。
 

一本義酒造の見学と酒まんじゅう

ippon

http://sanphoto.blog88.fc2.com/blog-entry-371.html

 

勝山のお酒といえば、日本酒一本義です。

私は残念ながらお酒は飲めませんが、さぎっちょのときに作られる酒まんじゅうがとても美味しいです。この寒い中で食べる出来立ての温かい酒まんじゅうは毎年戴いていました。お酒が飲めない方は、これがおすすめです。人気でなので結構並びます!
 

おろしそばは勝山のおいしい水で

福井のそばといえば「おろしそば」です。

勝山市には沢山のお蕎麦屋さんがあり、それぞれのお店ごとに違った味わいを楽しめます。

福井といえばソースカツ丼だけと思われる方もいらっしゃいますが、まずは勝山のおろし蕎麦を一度お召し上がりください。こちらもおすすめです!
 

花月楼

勝山市にあるお清水のすぐ近くにあるのが花月楼という和風の木造建築です。

ここの特徴は2階の座敷の天井で、こちらは球面になっています。一体どうやってこれを実現したのか分かりませんが。とても珍しいもので、一見の価値ありです。美しいです。

花月楼の前には枝垂れ桜があり、春になると美しい桜が咲き乱れます。
 

締めはもちろんどんど焼き

勝山左義長は、左義長まつりらしく、ラストは九頭竜川の河川敷でどんど焼きが行われます。

会場の河川敷は広い場所で、勝山橋の上からも火が燃える様子を見ることが出来とても綺麗です。

時々公式ポスターになっています。

えち鉄の終電が21:00くらいですので電車の方はラストまでは見られませんが、どんど焼きの序盤は見ることが出来ますので是非見られてください!
 

左義長まつりツアー

現地集合現地解散となる勝山左義長まつり案内ツアーがいくつか有ります。
 

実はツアーには参加したことがなく、詳しくは書くことは出来ませんが、確か、2010年位にその年からツアーが始まるという話を聞いたことが有ります。

参加された方の話では、「勝山左義長に何度も来ていても知ることが出来なかったことが聞けて嬉しかった」という話を聞いたことが有ります。

やはり、地元の方が案内人となられますので、個人的な観光ではなかなかわからないところまで見れるうのでしょうね…私もいつか参加してみたいと考えています!
 

勝山左義長まつりへの行き方!

echtetsu
 

電車はえちぜん鉄道があります!

福井県勝山市はローカル線「えちぜん鉄道」の終着駅となっています。

JR福井駅のすぐとなりに、えちぜん鉄道の福井駅があり、そこから約1時間で勝山駅に到着です。

勝山左義長まつりは土日に行われますので、週末に使える乗り降り自由のお得な1日切符が購入できます。
 

車で行きたい。駐車場はある?

車で行かれる場合は、雪の場合もありますので充分に注意されて行って下さいね。

駐車場は、まちなかの周辺に多く用意されていますが、一番わかり易いのは勝山駅裏です。

ただ、この場所は人気ですし埋まる可能性もあります。また、駐車場の位置も変わる可能性もありますのでお気をつけてください。
 

勝山左義長まつりマップ

 

余談ですが、駅に早く着いた場合は、お祭りはまだ準備中ということもありますので、えち鉄内にある「えち鉄カフェ」でゆっくり過ごされるもの良いかと思います。なにせ外は寒いので暖かく過ごされるのがいいですね。

なお、勝山駅周辺には地域猫がいることがありますので、探してみるのも面白いです!
 

おわりに

1年で1番寒いけれど1年で1番熱い2日間

正直言って2月の奥越、勝山市は寒いです。時には雪が津々と降り積もることも有ります。

でも、一番熱いのもこの季節。

勝山では

「一番寒いけれど一番熱いのが2月だね」と話されています。

一年をこの時のために過ごされる方もいて、終わった途端に、あと364日!と言われますから...

それくらいに熱く面白い勝山左義長まつり、興味を持たれている方は、是非行かれてみてくださいね、おすすめです!
 

関連記事

バドミントンの日本トップ選手のひとり、山口茜さんは勝山市出身です!

バドミントンの男子女子リオ日本代表と競技日程

リオオリンピック、開会式と競技一覧!日程・スケジュール

スポンサーリンク

-とらべる