なるぶろ

生活の知恵やイベントまとめ!

DIYの知恵

手作り市・マルシェ出店で準備したものと便利だったもの

更新日:

手作り市やマルシェへ出店する時に準備したもので、これは良かったというものを書いていきます。

物作りをされている方で、マルシェやクラフトマーケットへの出店を考えている方への参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
 

準備するもの(必須)

出店する時に必ず必要となったものを紹介します。

 

商品とプライスカード

出店の時は値段はしっかり書いておく

 

値段は分かりやすくね!

 

何と言ってもいちばん大切なものは「商品」ですね。

前日までに、お客様にお渡しできるかたちで必ず準備しておいたほうが良いと思いました。

それとプライスカードもとても大切です。

 

実は私は、初出店の時にプライスカードを持っていくのを忘れて大変でした…。

隣に出店していた方から「プライスカードはお客様に分かりやすいものを準備した方が良いよ」というアドバイスを頂き、2回目からはしっかりと書いたものを持っていっています。

 

自分で作ったものの値付けというのは本当に悩むものですが、とても大切なことですね。ネットで同じようなものを調べて大体の当たりをつけて価格を決めると良いかと思います。

 

[会計]お釣り

お釣りは多すぎると管理が大変!

 

一体どれくらいのお釣りを準備するのか、今でも迷っています。

私が注意していることは

  • 商品の値段は10円単位にしない
  • 頂いたお金が別の方へのお釣りになる

まずはこの2つが大切です。

 

イベントで商品価格は、100円単位や500円単位にするとお釣りを少なくできます!

 

というわけで

お金 枚数
5000円札 3枚
1000円札 10枚
500円玉 5枚
100円玉 20枚

私はこれを目安にして準備しています。

メインの価格帯によって準備する小銭を多くしたりと変わりますが、全部で20000円程度にするようにしています。

あとは、持っていく商品の価格によって増やしたりします。

 

[会計]電卓・計算機

出店の時は会計のトラブル防止のために計算機を持っていく

 

電卓はトラブル防止に繋がりますので必須!

 

出店していると、お客様とお話ししながらの対応と言うことが多くあります。その中で会計をしたりしていると、お釣りの金額がわからなくなったり、いくら渡されたとか、お釣りを渡した渡していないとか、お互いの勘違いが発生します。

 

そんな時に、電卓を使って金額を明確にしていると、思わぬお客様とのトラブルを防ぐことができます。

お金はとても大切で、沢山の時間をかけて作ったものが、会計の間違いによってタダ同然、マイナスになってしまうこともありえます。必ず電卓を使ったほうが良いと思いました。

 

電卓は1000円以内のものでも十分です。スマホとは別にしたほうが良いかなとも思います。

 

ウエストバッグ・小さなショルダーバッグ

お金は身につけると安心できます

 

1人で出店するときに一番困るのが、ブースを離れる時のお金の管理です。

どうしても途中でトイレに行ったりちょっとした用事がある時にブースを離れたりしますので、金庫だと持って歩くわけにも行かずに困ってしまいますね。

そんな時に便利なのがウエストバッグやショルダーバッグです。

 

初出店のマルシェの時に目の前の干物屋さんが使っていて、お釣りをさっと取り出されたり、スマホを入れておかれたりと、工夫して使われていました。

私はこれを見てベルト取り付けタイプのものを購入しましたが、色々と入れていると意外と重くなりがちですので、すぐにショルダーバッグに買い替えました。

ただ、ショルダーバッグはユラユラと邪魔になることもありますが、1人で出店するときにはとても便利なのでおすすめです。

小さなものがいいです。

 

[宣伝]ショップカードとポップ

出店にはショップカードも準備しておく

 

お客様へのアピールも大切!

 

お客様に気軽に持っていってもらえる、名刺サイズのショップカードを作ります。

  • ご購入されたお客様に渡す
  • ショップカードだけを持っていってもらう

お客様のなかにはショップカードだけを持っていかれる方もいらっしゃるのですが、もしかしたらwebサイトを見てくれて連絡してくれる可能性もあります。また、買ってくれたお客様にもお渡しできますね。

 

ショップカードには電話番号などの個人の連絡先は書かなくても良いかと思います。ショップのホームページを作っておいて、そこから連絡をしていただいたりメールを出していただいたりして下さい。

 

ポップは名刺サイズやハガキサイズで手作りしました。

店名を書いたものや、商品の簡単な説明など、物を作りにあたってのこだわりを書いてアピールしましょう。意外と読んでくれて話しかけてくれたりしますよ。

 

[宣伝]名刺を持っておく

嬉しい繋がりのために!

 

ショップカードとは別に、ビジネス用として使える名刺を準備しておきます。これは、お仕事として商品を気に入っていただいた方に対してお渡しするものです。

今後のお仕事につながる大切なものですので、個人の名前や電話番号などの連絡先が書かれたものを準備されることをおすすめします。

 

商品を入れる袋

商品を入れてお客様にお渡しする袋を準備

 

大切な商品だから丁寧に!

 

お客様にお渡しするための商品サイズに合わせた袋を用意します。

私の場合は、1辺10cm以上のものを売りますので、ダイソーで買った紙袋セットを3種類用意しました。小物であれば、小さな紙袋やビニールで良いですね。

パッケージされた商品であれば、そのままお渡しでも大丈夫です。

 

筆記具は必ず持っていく

イベントは気付きがたくさん!

 

気づいたことをすぐに書けるように筆記具は持っていった方がいいです。

お客様や他の出展者との会話の中で気づいたことを忘れないうちに書き留めます。

制作していると意外と独りよがりになりがちで、自分が楽なデザインを作ってしまうことがあります。そんな時にお客様のお声を聞くと、多くのヒントになりますので必ずメモをしておいたほうがいいです。

おすすめは、シャープペンとA6くらいのメモ帳です。私はほぼ日手帳に書いています。

 

テーブルクロス・布

テーブルクロスで商品の見栄えを良くする

 

ディスプレイの見た目を良くしましょう

 

テーブルクロスの役目は

  • ディスプレイの見た目を良くすること
  • テーブルを傷つけないようにすること

この2つの役割がありますね。

とくに、商品をアピールするためにテーブルクロス色や柄を考えて使うと効果的です。インスタ映え(?)もするかもです。

イベント会場の中には必ず必要なところもあります。

 

私の場合は、100均のハギレを色違いで5枚ほど準備していて、大きなテーブルクロスに重ね合わせて使っています。背景の素材感や色に変化をもたせたい時に便利です。小さなマルシェでは、ハギレだけにする時もあります。

 

マスキングテープ

貼って綺麗に剥がせるのはとても便利

 

ポップやプライスカードの固定などなど、ディスプレイに何かと役立つのがマスキングテープでした。使わない場合もありましたが、目立たないものをひとつ持っていると結構便利に使えます。

 

あと、固定のための小さなピンもあると便利です。

 

ゴミ袋・掃除用具

出店のお掃除には小さな箒があると便利

 

意外とゴミは出るものですよー

 

  • ビニール製の袋
  • 小さな掃除用具

とりあえず、何でも捨てれるように、水分があっても捨てられるビニール製の袋をきれいな箱に入れて持っていきます。外からの見栄えも考えるとベストです。

ゴミを散らかしていると見た目に綺麗ではありませんし、ゴミ袋はとても大切です。もちろん、ゴミは持ち帰られて下さいね。

掃除用具は、後片付けの時や商品の埃を取るために持っていきます。100均の小さなもので大丈夫です。

 

食べ物・飲み物はとても大切

食事はエネルギーの元です!

 

ブース内での飲食がだめな場合もありますが、1人での長時間の出店の場合はそうも言ってられません。

商品の管理や、お客様とお話は意外とパワーを使ってしまうものですので、手が汚れずに軽く食べられるものを持っていかれると良いかと思います。

私の場合は、コンビニのチーズパンや薄皮アンパンを持っていっています。しっかりと一口で素早く食べれますしエネルギーも十分です。

 

飲み物はスポーツドリンクと水を持っていきます。

水は飲む以外にも色々と使えますので便利です。

 

カード決済(Square)

お客様のためのカード決済でもあったりします

 

1万円以上の場合、カード決済を望まれることもあります。

以前に目撃したのは、20万円の焼き物をカードで購入されたかったのに、お店側が決済の準備をされておらず、お客様を逃されたというものでした。

 

それを見てから、私達手作り作家でも意外と大丈夫なSquareを導入しました。

キャンペーンなどでキャッシュバックもありますので、持って置かれることをおすすめします。

公式サイト 「Square」 スマホやタブレットでカード決済

ちなみに、データ専用にしている安いスマホのFreetelのPriori4でも決済できました。

 

まとめ

初めてイベントで出店するときには、意外と忘れ物があって戸惑うものです。

これだけは必ず持っていくというものがあればなんとかなりますので、前日までに用意されてしまうことをおすすめします!

関連記事 マルシェとは?作り手から見たマルシェの意味

 

関連記事

-DIYの知恵

Copyright© なるぶろ , 2017 All Rights Reserved.